ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
ファーストビューの画像
概要

松本城公園内に1948年に開館した博物館の老朽化に伴う移転新築工事です。当社は展示空間の基本構想の策定からデザイン・設計、施工までを担当しました。
1階は市民・観光客に開かれたオープンスペースとなっており、松本市のまちづくりに積極的にアプローチする博物館として建設されました。

課題・要望

・いつ行っても変化があり、何度も足を運んでもらえる展示空間とすること
・市民とともに歩む博物館を象徴する市民参加によるシンボルオブジェを制作すること
・1階のオープンスペースに、博物館体験が気軽にできる、未就学児以上を対象とする体験展示を創設すること

以上のご要望をいただきました。

解決策

・作り込んだ展示により魅力を存分に伝える常設展示部と、展示替えのしやすさを重視した更新展示部に分け、見ごたえがありながらフレキシブルに変化する展示空間としました。
・松本の伝統的なものづくりのひとつである「てまり」を題材とした市民ワークショップを開催。「てまり」をモチーフにした作品を市民とともに制作し、完成品は館内の吹き抜けにオブジェとして展示しました。
・遊びを通して松本の自然・歴史・文化に親しむ多数のコンテンツを製作しました。

お客さまの声

当館の要望を実現するために、豊富な実績に基づき当市の特色を生かす提案をしていただきました。
また、市民ワークショップの開催や地元業者の積極的な活用など、地域に寄り添った活動を通して新博物館への市民の興味・関心を高めるとともに、当館と市民とのつながりをより強くしていただきました。

プロジェクトメンバー
営業・プロジェクトマネジメント
横山 昌昇、石川 厚志
企画・基本構想
亀山 裕市、森 誠一朗、渡邊 慧子、土金 慧子、木内 美和子、稲垣 美麻
デザイン・設計
堤 雄一郎、深野 友規、藤沢 亜希子、神垣 成美
コンテンツ設計・制作
CIC(※):後藤 夏木、遠藤 信之、久我 祐輝
制作・施工
太田 広成、高橋 徳行、清水 大
基本情報
オープン

2023

所在地

長野県

クライアント

松本市様

ソリューション

企画、デザイン・設計、什器制作、環境演出装置設計・制作、コンテンツ設計・制作、制作・展示施工、制作・内装施工

※CIC (Content Integration Center:空想実装集団)

コンテンツへの深い理解を起点に、心躍るような「空想」を新たな体験価値へ変換し、あらゆる空間へ、そして社会へ「実装」させていく乃村工藝社のクリエイティブチームです。

備考

掲載内容は施設オープン時点の情報です。最新の情報は施設ウェブサイトをご覧ください。

掲載内容は施設オープン時点の情報です。最新の情報は施設ウェブサイトをご覧ください。

What’s New新着実績から探す

PAGE TOP
Contactお問い合わせ

お問い合わせ/お見積もり依頼/資料請求は下記よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせの多いご質問や、よくいただくご質問は別途「よくあるご質問」ページに掲載しておりますので、
ご活用ください。