Marunouchi Street Park 2021 Summer

2019年からスタートした「Marunouchi Street Park」は、丸の内仲通りの今後の在り方や活用方法を検証する社会実験プロジェクトです。
夏季は「つながろう、夏のストリート」を空間コンセプトとして、丸の内らしい文化/地域/人とのつながりを意識しながら、約300メートルにわたる3つのブロックごとに、各々テーマ性をもたせて展開いたしました。

丸ビル前のブロック1は「Sports & Relax」をテーマに、卓球が楽しめるピンポンカウンターやバランスボールを配したデッキなど、体を動かしたりくつろぎながらリフレッシュができるウエルネスなストリートを計画。
ブロック2は「Enjoy Eating Out」をテーマに、アーティストによるSDGsをコンセプトとした屋外ライブペイントや、ストリートピアノを楽しみながら、フェアウッドに囲われたパークレット空間で食事をする楽しさを提供しています。
ブロック3では「PARKcation」をテーマに、風に揺れる草原の丘を表現した草に囲まれたワークプレイスやサイクルカウンター、沖縄の珊瑚砂を使った夏の浜辺のリゾートシーンなどを設え好評を博しました。

安全衛生面においても、台風やビル風の強風対策や、抗ウイルスコーティング剤を全体に噴霧する特別感染対策なども実施いたしました。(開催期間:2021/8/2~9/12)


フェアウッドへの取り組みについて
カウンターなどの造作物には、埼玉県飯能市で間伐された杉やカラマツの西川材を使用しています。特徴ある杉の「黒心」と呼ばれる心材や構造用合板など、木目や色味の特徴を活かしながら、意匠設計をおこないました。会期後、使用した一部の木材はリユースされ、役目を終えると再び自然に戻し、苗木・植林・育林へと循環させていきます。

 

<当社プロジェクトメンバー>
【プロジェクト統括ディレクター】鈴木 恵千代
【営業推進】石山 滋之、山本 仁美
【デザイン・設計】松原 美和、開澤 鮎子、須藤 亮、佐久間 統益
【プランニング】CIC:齊藤 佑輔
【運営管理】CIC:安藤 薫
【制作】丸森 幸男、山口 悠太、吉田 琢人


~関連リンク~
【お知らせ】

乃村工藝社主催 “Marunouchi Street Park Illumination Tour!”

【関連実績】
Marunouchi Street Park 2021 Winter


オープン:
2021年
所在地:
東京都
クライアント:
特定非営利活動法人 大丸有エリアマネジメント協会様
業務内容:
調査、企画、デザイン・設計、サイン・グラフィックデザイン、環境デザイン、デザイン監修、設計監理、什器制作、環境演出装置設計・制作、制作・展示施工、運営管理、保守管理、PR業務

Marunouchi Street Park 2021 Summerの空間プロデュース実績