Bridge for Innovation

富士フイルムビジネスイノベーションジャパン(旧富士ゼロックス)の新社屋オフィス移転にともなう顧客接点の場構築のプロジェクトです。新オフィスが入る豊洲ベイサイドクロスタワー17階の体験型ショールーム「Bridge for Innovation」の企画・デザイン・設計などを当社が担当しました。

お客様の課題解決の方向性を見出し、成功へとつなげるショールームとしての機能を持たせながら、今後のワークプレイスとしての在り方も同時に求められたプロジェクトであり、当社は「可変空間の俊敏性=Agility」という答えを導き出しました。
ソリューション体感エリアにおいては固定壁を一切建てず、すべて俊敏性の高い可動什器のみで構成し、可変・可動空間を徹底して追求しました。


【社会課題/お客様の課題/ご要望】
事業戦略に合わせた什器レイアウトのアレンジを短時間で構築できるよう、フレキシブルな運用を可能とする必要がありました。


【解決策】
商品特性や顧客特性に合わせた多様なブース構成を日々アップデートしながら運営していくスタイルに相応させるため、7種類の可動什器を計画しました。

視線を完全に遮断するパーティションや半分だけ通すパーティション、またそれらが重なりさらに透過性のバリエーションを生み出します。
また固定壁を建てず、床と天井の色分けにより空間の境界を意識できるようにすることで自然なゾーニングを可能としました。
床下には電源など設備的にフレキシブルなインフラも整え、将来的に機能変換が容易なように設えています。
可変・可動空間を徹底して追求することは、壁をつくらずに空間機能を有機的にコントロールする挑戦でもありました。


<当社プロジェクトメンバー>
【営業・プロジェクトマネジメント】村上 奈津子、川嶋 士雄人
【企画】小林 慶太
【デザイン・設計】大西 亮、阪 信昭、植村 陽理子
【製作・施工】木村 俊作、村田 陸


オープン:
2020年
所在地:
東京都
クライアント:
富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社様
業務内容:
企画、デザイン・設計、サイン・グラフィックデザイン、設計監理、什器制作、コンテンツ設計・制作、制作・展示施工、制作・内装施工
受賞:
「Sky Design Awards 2021」ShortList(​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​Interior Design部門)

Bridge for Innovationの空間プロデュース実績