カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
動画
概要

TBS様は「あらゆる世界を揺さぶる、エンタテインメントの街へ。Shake the World. AKASAKA」というエリアコンセプトを掲げ、2028年に「赤坂二丁目・六丁目地区再開発計画」および既存エリア(TBS放送センター、赤坂サカス、TBS赤坂BLITZスタジオ、TBS赤坂ACTシアター、赤坂Bizタワー)の稼働、竣工を目指しています。その第3弾として、これまでライブスペースとしてさまざまなコンテンツを届けてきた「赤坂BLITZ」を、新たにテレビ番組制作専用の「BLITZスタジオ」としてリニューアル。1階に人気番組とコラボレーションした展示スペース、3階に番組スタジオの観覧スペースを併設しています。

本プロジェクトでは、「BLITZスタジオ」スタジオ正面スペースのホワイエと、3階スタジオへ続く階段室に、コロナ禍で失われた赤坂の活気復活に貢献する施設誘引モニュメントおよび、開局から現在の歴史を感じるギャラリーを企画・デザイン・制作しました。

モニュメントはTBS様と視聴者の今までのつながりを体現すると同時に、SDGsの観点から“廃棄予定の視聴放送機器・資材”1.4トンをクリエイティブリユースすることで、循環型社会を提起しました。続く階段室は、TBS様70年の視聴媒体の変遷を辿るギャラリーをスタジオ観覧へつなげる動線とし、TBS様の開局から現在までを一気通貫で体感できる空間としました。

課題・要望

コロナの影響で人通りが少なくなってしまった赤坂を賑わいある明るい街に復活させるとともに、TBS様を知ってもらい、より好きになってもらうため、赤坂を訪れた方々が自由に来館いただきTBS様の番組づくりや歴史を知ってもらえる空間づくりが求められました。

解決策

・「新生・赤坂BLITZ」の顔としてのモニュメント(オブジェ)を製作することで、施設へ入りたくなる仕掛けと驚きを来場者に提供。さらに、地下の赤坂駅から伸びる大階段の先に、モニュメントが中央に大きくそびえ立ち、新たな赤坂の顔となるよう設計。
 

・TBS様の70周年を直感的に知ってもらうためにラジオやブラウン管テレビから、現代のテレビやスマホへと視聴媒体の歴史変遷を展示。それにリンクしたTBS様の社名ロゴの歴史変遷も展示し、TBS様の歴史を辿りながらリアルタイムでテレビ制作が行われているスタジオ観覧につなげる階段室を設計。
 

この2つの設計を基に、TBS様と視聴者をつないでいた機器やテレビ制作にかかわった製品・資材を活用した空間を実現しました。オープン後は、イベントやテレビ番組にもご活用いただき、コロナ禍により賑わいを失われた赤坂の街の活気復活に貢献しております。
人々とTBS様をつなげてきた“廃棄予定の視聴放送機器・資材”が、新たな形となって放送局・地域・人をつなげます。

お客さまの声

「BLITZスタジオ」ホワイエのシンボルにふさわしいモニュメントが完成したと思います。とても丁寧に対応いただき、大変感謝しております。

プロジェクトメンバー
開発・ディレクション
木戸 しのぶ
営業・プロジェクトマネジメント
西野 正浩
デザイン・設計
CIC(※):鈴木 和真
企画
CIC:齊藤 佑輔
制作・施工
清水 俊輔、遠藤 淳、畑田 俊明
基本情報
オープン

2022

所在地

東京都

クライアント

株式会社TBSテレビ様

ソリューション

企画、デザイン・設計、制作・展示施工

受賞

「日本空間デザイン賞 2023」LongList(03.エンターテインメント&クリエイティブ・アート空間)
「第57回日本サインデザイン賞」銅賞
「第42回ディスプレイ産業賞2023」奨励賞(5.プロモーション・演出部門)

※CIC (Content Integration Center:空想実装集団)

コンテンツへの深い理解を起点に、心躍るような「空想」を新たな体験価値へ変換し、あらゆる空間へ、そして社会へ「実装」させていく乃村工藝社のクリエイティブチームです。 

備考

掲載内容は施設オープン時点の情報です。最新の情報は施設ウェブサイトをご覧ください。

Related関連実績から探す

PAGE TOP
Contactお問い合わせ

お問い合わせ/お見積もり依頼/資料請求は下記よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせの多いご質問や、よくいただくご質問は別途「よくあるご質問」ページに掲載しておりますので、
ご活用ください。