Works

パデル東京ミズマチ

カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
概要

スペイン発祥のラケットスポーツ「パデル」の専用施設「パデル東京ミズマチ」が、とうきょうスカイツリー駅から徒歩1分の「東京ミズマチⓇ」のイーストゾーンに2023年1月オープンしました。「パデル」は欧州や南米を中心に世界で人気が急上昇しているラケット競技で、東京都内で3番目、東東京エリアでは初のパデルコートとなります。
「東京ミズマチⓇ」施設内のテナントと同様に、街のコミュニティスポットとして、訪れる人、住んでいる人に、スポーツを楽しんでもらう場所としてオープンしました。(共同企画:チョイス様)

課題・要望

2026年愛知・名古屋アジア競技大会の正式種目としての採用に向けて、パデルを都内で広めるきっかけとなる場所を探されていました。

解決策

東京スカイツリーを拠点にまちづくりを行う東武鉄道様と、日本パデル協会様の思いを場所を通じてマッチングし、新たな街のコミュニティスポットとして楽しまれる場所となりました。

プロジェクトメンバー
企画・リーシング・コンサルティング
川井 政和
基本情報
オープン

2023

所在地

東京都

クライアント

株式会社 Padel Asia様

ソリューション

企画、コンサルティング、リーシング

備考

掲載内容は施設オープン時点の情報です。最新の情報は施設ウェブサイトをご覧ください。

Related関連実績から探す

PAGE TOP
Contactお問い合わせ

お問い合わせ/お見積もり依頼/資料請求は下記よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせの多いご質問や、よくいただくご質問は別途「よくあるご質問」ページに掲載しておりますので、
ご活用ください。