Works

ホークスヒストリールーム supported by Ericsson

カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
カルーセル
概要

福岡PayPayドームの貴賓室であるスーパーボックス2部屋の改修プロジェクトです。福岡ソフトバンクホークス(以下ホークス)のコアなファンをメインターゲットに、ホークス85年の歴史や現役選手のプロフィールなどを展示し、「野球観戦の楽しさが広がる貴賓室」をテーマにプロジェクトを推進しました。また、この球団を詳しく知らない方にも、ホークスのファンになってもらえるような部屋に仕上げています。当社は単なる内装工事の提案だけではなく、室内の壁、照明、小物に至るまで貴賓室オリジナル仕様にこだわったデザイン、制作を行いました。

課題・要望

2023年、ホークスの球団創設85周年とドーム開業30周年のダブルアニバーサリーイヤーを迎えるにあたり、ホークスの歴史が凝縮され、ファンならば「行ってみたい!」と思わせる環境づくりやアイデアを求められました。特注スタンドライトやサインボール、選手が使用したユニフォーム、バットなどの貴重品を室内に展示するため、盗難防止策や、選手がトレードなどで変わった際の対応策を求められました。

解決策

ホークスの歴史や選手を、より身近に感じられるホークス特別仕様のオリジナル空間をつくり上げました。ホークスという球団や現役選手をよく知らない方にも、見て知っていただけるようサインボールに選手のプロフィールと顔写真プレートを添えて展示し、貴重な選手愛用のユニフォームやバットなどはショーケースに入れて見せるようにしています。また、ホームベースを模した特注照明や実際のユニフォームを使用したクッションもオリジナルで製作し、サインボールの展示については、入退団を考慮し、所属選手が変わった際に簡単に変更が可能なシステムとしました。

プロジェクトメンバー
開発
坂爪 研一
営業・プロジェクトマネジメント
古賀 忠彦
デザイン・設計
今井 昭、蘭 秀幸
制作・施工
湯山 康広
基本情報
オープン

2023

所在地

福岡県

クライアント

福岡ソフトバンクホークス株式会社様

ソリューション

企画・基本構想、デザイン・設計、サイン・グラフィックデザイン、什器制作、制作・展示施工、制作・内装施工

備考

掲載内容は施設オープン時点の情報です。最新の情報は施設ウェブサイトをご覧ください。

Related関連実績から探す

PAGE TOP
Contactお問い合わせ

お問い合わせ/お見積もり依頼/資料請求は下記よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせの多いご質問や、よくいただくご質問は別途「よくあるご質問」ページに掲載しておりますので、
ご活用ください。