H2Lと乃村工藝社 デュアルワークの課題解決を目指すメタバースオフィス開発に着手
リリース

H2L株式会社(以下、H2L株式会社乃村工藝社(以下、乃村工藝社)は、BodySharing(R)技術※によって、ワーカーのメンタル状態である「緊張」、フィジカルの状態である「残体力」とスキルを提示する「力加減」を、アバターに反映し、リモートとオフィスの両方で働くデュアルワークをサポートするメタバースオフィス開発に着手しました。

 

H2LがBodySharing(R)技術を開発し、乃村工藝社 のイノベーション・ラボラトリー「NOMLAB」がメタバースオフィスとリアルオフィスでのデュアルワークスペースの空間のあり方を企画・開発し提案します。技術とデザインの両面で、リモートとオフィスワーカーの適切なコミュニケーションを促進し、生産性の向上、ワーカーのストレス軽減や業務満足度の向上を目指します。
2022年夏より順次、技術詳細や販売内容を公開予定です。

 

 

※BodySharing(R)技術:キャラクター、ロボットや人の身体と、ユーザーの様々な身体の感覚を共有し、体験共有する技術のことです。ここでいう身体の感覚とは、視覚や聴覚だけでなく位置覚、重量覚や抵抗覚などの固有感覚を含みます。

 

 

【関連サイト】

H2L株式会社 http://h2l.jp

NOMLAB(ノムラボ) https://www.nomlab.jp/

 

 

※ご注意

・リンク先のウェブサイトは、乃村工藝社のウェブサイトではなく、当社の管理下にはないものです。

・この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスは、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスは廃止や変更されることがあります。最新のアドレスについては、ご自身でご確認ください

・リンク先のウェブサイトについては、リンク先の組織・団体等にご確認ください。