ソフトバンクの5Gで実現するリアルタイム演算力乃村工藝社が、インタラクティブなデジタルアートを企画・展示5G X LAB OSAKAにて(4月1日より)
リリース

当社は、2021年4月1日より、大阪市ソフト産業プラザTEQS内の「5G X LAB OSAKA(ファイブジー・クロス・ラボ・オオサカ)」で展示中のデジタルアート「Immersive Motion」の空間演出を企画・提案し、そのコンテンツ制作業務を提供いたしました。

一連のデジタルプロデュースを、乃村工藝社グループのオープンイノベーションラボラトリー「NOMLAB(ノムラボ)」が担当しました。この展示は、ソフトバンク株式会社(東京都港区、代表取締役社長執行役員兼CEO:宮川潤一)の、第5世代移動通信システム(5G)を活用した、MEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)の検証や技術体験を提供するコンテンツです。近年、ライブイベントや観光・商業施設、美術館などでは、デジタル技術を駆使して、参加者の動きに合わせたインタラクティブな空間演出が増えています。その高い体験価値で人気を博している一方、展示会場に、GPU(グラフィックスプロセッシングユニット)搭載の大掛かりなサーバ構築が必要なことが運営側にとっての課題でした。

そこで、NOMLABは、ソフトバンクの5G 回線とソフトバンクのデータセンター内にあるエッジコンピュータによるクラウドレンダリングを使って、クラウドに全てのデータを送らずに、エッジ側(展示物の近く)で負荷を分散してデータの処理・分析するMECの仕組みを用いたインタラクティブな空間演出が体験できるデジタルアートを企画開発しました。来場者が、この技術の4大特性である、①導入設置時の簡易化、②運用・操作の簡素化、③通信の低遅延性、④設置場所のモビリティやフレキシビリティを実感できる展示内容となっています。

<大阪市ソフト産業プラザTEQS>
https://teqs.jp/about_us/access.php

<ソフトバンクサイト 5Gの技術検証や体験ができる施設「5G X LAB OSAKA」を10月1日にオープン>
https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2020/20200930_01/

<関連リンク>
NOMLAB