乃村工藝社、国産材普及に向けた森林×360度バーチャルツアーを企画・プロデュース
リリース

 株式会社乃村工藝社(以下、乃村工藝社)は、最新の360度3D撮影技術による木材産地を散策できるバーチャルツアーを企画・プロデュースし、新たに発表しました。本バーチャルツアーは、一般社団法人 全国木材組合連合会(以下、全国木材組合連合会)と連携して取り組むプロジェクト「もりまちドア」のウェブサイトで無料公開しています。 

 

「もりまちドア」では、特にこれまで木材があまり使われてこなかった非住宅建築物(商業施設、店舗、ホテル、オフィスなど)において木材を価値高く活用する可能性を探るため、もり側の林業・木材産業事業者とまち側のクリエイターが交流する産地体験会を全国3か所で実施し61名が参加しました。その産地体験会を疑似体験できるのが3D Virtual Tour「バーチャル産地体験」です。オンライン上に再現したバーチャルな木材産地(埼玉県飯能市・西川材産地「井上山林」)は、誰もが気軽に時間や場所、天候にとらわれず、パソコンやスマートフォンからアクセスでき、森林の中で360度自由にウォークスルーしたり、林業家・井上 淳治氏による解説で樹木や林業などの知識を得ることができます。 

 

 乃村工藝社と全国木材組合連合会は、空間デザインにおける国産材の普及には、クリエイターや施主の潜在利用者層へアプローチすることも重要だと考えています。そのため本バーチャルツアーでは、ニューノーマルな森林体験の提供だけでなく、森の多様な楽しみ方を知るきっかけや、クリエイターと林業・木材産業事業者の接点をつくることで、木材活用への興味喚起による利用拡大につなげていきます。また、将来的にはデータ活用により、マーケティングやブランディング分野なども視野に入れた林業DX(デジタルトランスフォーメーション)に寄与する可能性も期待できます。 

 

 今後も乃村工藝社と全国木材組合連合会は、クリエイティビティとデジタルテクノロジーを活かし、森を育む空間デザインがつなぐサステナブルな社会の実現に貢献していきます。 

 

本バーチャルツアーの体験は「もりまちドア」から、イメージムービーはこちらからご覧ください。 

 

 

「もりまちドア」のオンラインセミナー(2021年3月3日実施)のレポートとアーカイブ動画はこちらからご覧ください。 

 

※ご注意

・リンク先のウェブサイトは、乃村工藝社のウェブサイトではなく、当社の管理下にはないものです。

・この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスは、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスは廃止や変更されることがあります。最新のアドレスについては、ご自身でご確認ください。

・リンク先のウェブサイトについては、リンク先の組織・団体等にご確認ください。