乃村工藝社がデザインしたブリュッセル・フラワーカーペット、「茨城県×ベルギー 王国ホストタウンフレーム 切手」に採用
リリース

 日本人初のデザイナーとして株式会社乃村工藝社 鈴木不二絵が担当した「ブリュッセル・フラワーカーペット2016」の写真が、茨城県がベルギー王国のホストタウンであることを記念し日本郵便株式会社から発売されるオリジナルフレーム切手に採用されました(2020年12月1日販売)。本切手は、フラワーカーペットの夜景写真を含め茨城県とベルギー王国の絶景写真など計15枚で構成されています。

 

 「ブリュッセル・フラワーカーペット」はユネスコ世界遺産・ブリュッセルのグランプラス広場にて2年に1回開催され、第20回となる2016年は、日本・ベルギー友好150周年記念の一環として日本をテーマに2016年8月12日から4日間にわたり開催されました。鈴木不二絵は「花鳥風月」をコンセプトに、日本とベルギーに共通する「美しい自然」「美しい風景」を通じて、両国の150年に渡る深い友好的なつながりと、今後の良き未来の実現を願いデザインしました。

 

  会期4日間で約10万人が来場し、「両国の歴史と想いをつなぎ、感動を与えた。フラワーカーペットの歴史に残る素晴らしいデザイン。」と高く評価され、人々の心を強く動かしました。今後も乃村工藝社は「社会から選ばれるノムラ」として、空間を通して新たな社会的価値を創り、世界に歓びと感動をお届けしてまいります。

 

 

<関連リリース>
第20回「ブリュッセル・フラワーカーペット」がベルギー・ブリュッセルで開催されました

 

 

Non-Profit Organization Flower Carpet   Photography ©Wim Vanmaele, Belgium