乃村工藝社グループ「自然に気づこう、保とう。フィジカルディスタンス」について
リリース

乃村工藝社グループでは、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式(ニューノーマル)」を実感できるように9月18日より『自然に気づこう、保とう。フィジカルディスタンス』を展開します。自分だけでなく相手への感染を防ぐために、厚生労働省では保つべき距離として相手と2m最低でも1m)取ることを推奨しています。互いに両手を広げ、ぶつからない距離がおおよそ2mです。 


空間創造活性化を実現する企業として安心・安全な距離間隔を自然に取ることがこれからのニューノーマルと考え、社内や施工現場内で等身大のグラフィックやポスターを設置します。今後は、商業施設や文化施設、学校、工事現場の仮囲いなどでの展開も検討してまいります。 
グラフィックは乃村工藝社のビジュアルデザインチーム「IVD」が担当。人との距離を取ることをネガティブにとらえるのではなく、人との間に優しさが生まれるものとしてデザインしています。 


乃村工藝社グループは、今後も社会課題の解決につながる空間価値の提供で、人びとに「歓びと感動」をお届けしていきます。