【2015 デザイン賞】 「JCDデザインアワード2015」において3作品が銀賞を受賞
リリース

「JCDデザインアワード2015(主催:一般社団法人日本商環境デザイン協会)」において、乃村工藝社が空間づくりを担当させていただきました三作品が銀賞を受賞しました。

 

今年度は約500件のエントリー作品のうち、吉永光秀が空間デザインを担当した「大阪国際平和センター」が銀賞を受賞し、「DSA日本空間デザイン賞2015」と「第34回ディスプレイ産業賞(2015)」に続き今年度三回目の受賞となりました。

 

「大阪国際平和センター」は1945年の大阪空襲をメインテーマに、戦争と平和に関する調査研究や展示活動を行っています。このたびは、「過去、現 在、未来」の視点から「過去の歴史を振り返りつつ、より良い未来への扉を開く」という概念を軸に、誰でも直感的に理解しやすく自分自身に問いかけることが できる「心に響く」展示デザインの実現を目指しました。

 

また、堀田真澄が有限会社nendoと共に空間デザインを担当したチョコレート専門店「BbyB. GINZA」、宮里貴司(A.N.D.)が担当した2014年オープンのコーヒー専門店「TORIBA COFFEE 銀座本店」の二作品が銀賞を受賞。その他、4作品がBEST 100に選出されました。

 

クライアントの皆様をはじめ、ご協力いただきましたすべての方々にこの場を借りて御礼を申し上げます。

 

今後とも生活者発想を基点とする集客力の高い環境の創造により、常にお客様の課題解決・ご要望に取り組み、最適な空間を、そして歓びと感動を提供し続けてまいります。

 

【JCDデザインアワードとは】

商環境を中心とする空間デザインの顕彰を目的として、1974年から始められました。毎年の開催により、その時代の空間デザインの価値と可能性を抽出してきました。デザインの質と発見をより開かれたものとするために、2003年から公募対象をアジア地域に拡げています。

http://www.jcd.or.jp/