News

盛岡市立図書館 耐震改修及び大規模改修工事 | 乃村工藝社は企画・デザイン、設計施工を担当

ニュースリリース
2023.08.17
facebook
X

「みどりをみつけてかさねよう 天蓋ファブリック色塗りワークショップ」を開催

株式会社乃村工藝社(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員 奥本 清孝、以下乃村工藝社)は、昨年9月に受託した盛岡市立図書館 リニューアル* (2024年4月オープン予定)に向け、児童向けワークショップを、盛岡市立図書館と6月25日(日)に開催いたしました。
このワークショップでは 「こどもライブラリー」へと名前を変え、大きく生まれ変わる「児童室」を象徴する飾り「天蓋ファブリック」のデザインを地域の子どもたちや保護者と一緒に制作しました。
盛岡市立図書館の協力のもと “市民ワークショップ”として制作することで、図書館をより身近に感じていただきたいとの思いから企画いたしました。

盛岡市立図書館 様より 
「ワークショップに参加された皆様からは、たいへんご好評をいただくとともに、新しい図書館を楽しみにされるコメントをいただきました。令和6年4月にリニューアルオープンする盛岡市立図書館は、高松の池の眺望を活かした席や交流スペースの設置、盛岡らしさや季節を感じる展示の工夫などにより、地域に愛され多くの方に利用される図書館を目指しております。」

乃村工藝社 クリエイティブ本部 プランニングセンター プランナー 畑江 輝
「公共図書館として、地域に愛され続ける図書館になってほしいという想いで、
開業前から地域の方々の愛着を醸成するようなワークショップを企画しました。また、図書館が提供するワークショップということで、楽しいだけでなく親も子も学びにつながるような体験となることを意識しました。今回のワークショップをきっかけにして、普段当たり前のように見ている景色や暮らしの中にも、豊かさを見出してもらえると嬉しいと思っています。そして、そういった機会を提供できる図書館を目指して現在もチームメンバー一同、開業にむけて準備に励んでいます。」

ワークショップ概要

参加者全員で高松の池を散策。

参加者全員で高松の池を散策。

カラーチャートをもとに“みどり色”を探しました。こどもの着眼点に終始驚かされました。

カラーチャートをもとに“みどり色”を探しました。こどもの着眼点に終始驚かされました。

見つけた“みどり”をインスタントカメラでパシャリ!

見つけた“みどり”をインスタントカメラでパシャリ!

みどり色の種類を勉強後、見つけた色を絵の具で混ぜて作って布に彩色しました。

みどり色の種類を勉強後、見つけた色を絵の具で混ぜて作って布に彩色しました。

関連リンク

Related関連記事を見る

  • TOP
  • ニュース
  • 盛岡市立図書館 耐震改修及び大規模改修工事 | 乃村工藝社は企画・デザイン、設計施工を担当
PAGE TOP
Contactお問い合わせ

お問い合わせ/お見積もり依頼/資料請求は下記よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせの多いご質問や、よくいただくご質問は別途「よくあるご質問」ページに掲載しておりますので、
ご活用ください。