博覧会資料COLLECTION

おしらせ一覧

検索結果:174件
12345....35
「御開帳 めくるめく ミル ミラレル ミセル」開催

「御開帳 めくるめく ミル ミラレル ミセル」開催

タイトル:「御開帳 めくるめく ミル ミラレル ミセル」
会期:2022年4月23日(土)~6月29日(水)
会場:長野市立博物館
七年に一度の善光寺御開帳に合わせて長野市立博物館特別展が開催されます。本展は“見て楽しむ文化”に着目し、長野市でこれまで行われてきた見世物・祭礼・博覧会などをみることで、御開帳が様々なものとつながっていく姿を追っています。
当博覧会資料から、1949年(昭和24)善光寺御開帳と長野平和博覧会、1961年(昭和36)長野産業文化博覧会、1973年(昭和48)長野博覧会の資料が展示されます。

「東博150年 知られざるモノがたり」放送

「東博150年 知られざるモノがたり」放送

番組名:東博150年 知られざるモノがたり
     ~日本の至宝大公開SP~
放送局:NHK(BS8K)
放送日:2022年3月28日
今年、創立150周年を迎える東京国立博物館に収蔵された “知られざる逸品” で「教科書には載らない日本史の以外な一面」を紹介する番組に、明治5年に開催された文部省博覧会の錦絵の画像を提供しました。

『問いからはじまる 歴史総合』発刊

『問いからはじまる 歴史総合』発刊

タイトル:『問いからはじまる 歴史総合』
発行日:2022年2月
発行所:東京法令出版株式会社
高等学校「歴史総合」の副教材として発刊された同書は、「問いを表現する」歴史総合のねらいに合致した誌面で、問いに基づき資料が配置されており、この1冊で授業の流れができる構成になっています。
当社所蔵の①1912(大正元)年 拓殖博覧会のパンフレット ②1913(大正2)年 明治記念拓殖博覧会の絵葉書画像を提供しました。

『観音像とは何か 平和モニュメントの近・現代』発刊

『観音像とは何か 平和モニュメントの近・現代』発刊

タイトル:『観音像とは何か 平和モニュメントの近・現代』
著者:君島彩子
発行日:2021年10月27日
発行所:青弓社
「興亜、戦争死者慰霊、ランドマーク、地域振興 ━ 戦争や社会状況、人々の信仰や思いを背景に時代ごとに性格を変えながらも、平和の象徴として共通認識されることでモニュメントとして独自の発展を遂げた観音像の近・現代史を描き出す。」(カバー文より抜粋)
当社所蔵の『高田市興亜国防大博覧会誌』(高田商工会議所・1941年11月30日発行)から銅製防弾観音像の写真を提供しました。

「博覧会の世紀 1851-1970」展_長崎オープン

「博覧会の世紀 1851-1970」展_長崎オープン

タイトル:「博覧会の世紀 1851-1970」長崎
会期:2021年10月2日(土)~11月28日(日)
会場:長崎歴史文化博物館
当博覧会資料約400点が展示されている展覧会が大阪・新潟につづき、長崎でオープンしました。 長崎会場は、
序章:見世物から物産会、そして博覧会へ、
第1章:博覧会のはじまり 1851-1911、
第2章:大衆社会に広がる博覧会 1912-1945、
第3章:戦後の博覧会、
で構成されています。花嫁道具で造られた「獅子」、万博に出品されて世界を魅了した日本の美術工芸品、大阪万博「日本館」に展示されていた文楽人形ロボット3体などが展示されて華やかさを添えています。また、'90年に長崎で開催された「旅博」のコーナーも設置されています。

12345....35
博覧会・博覧会資料検索に戻る
乃村工藝社グループ http://www.nomurakougei.co.jp