博覧会資料COLLECTION

北海道大博覧会

北海道大博覧会

管理コード:673
開催日程:1958年07月05日(昭和33年)~1958年08月31日(昭和33年)
開催地:北海道
会場:札幌市桑園・中島公園 、小樽第三埠頭
主催:札幌市
会場:1,950,000人内

この博覧会に関連する資料を見る
【資料件数:10件】

終戦後の北海道は、日本の残された大切な宝庫として脚光を浴びるようになり、その総合開発は各方面から叫ばれてきたが、これを機会に多くの人たちに北海道の重要性を認識してもらい、より一層開発を推し進めて国の繁栄に役立てようと開催した。会場は札幌市桑園と中島公園の二会場、小樽は従たる会場として第三埠頭会場でそれぞれ開かれ、敷地総面積は約337万7000平方メートル。パビリオンは40数館、総経費は6億7000万円という巨費を投じた。中島会場には科学館、健康と生活館、アメリカ館、自動車館、メートル館、ソ連館、住宅館、電波館、菓子館、古代生物館、電信電話館、郵政館、美術館、郷土館などが建ち並んだ。一方の桑園会場には、総合開発、地下資源館、農林館、電力館、近代工業生産館、繊維館、水産館などのほか、富山、神奈川、東京の特設館と、府県特産品即売所、北海道観光と物産館などが建った。また、両会場の野外ステージでは華やかな各種ショーが繰りひろげられた。夜の会場にはネオン照明で装飾が行われていて、真夏の納涼として喜ばれた。
北海道博覧会のテーマソングの一節を紹介しよう。
「北海おどり」ハー/招く宝庫に 咲かせる文化/おいで北海道博覧会ホーイホーイ/ドント来い北海道/ホンニヨイヨイ パラダイス
乃村工藝社実績「近代工業館」ほか(社史「ディスプレイ100年の旅」より)

検索結果一覧へ戻る

博覧会検索

博覧会資料検索

資料の閲覧・貸し出しを受け付けています。(事前予約制/平日のみ)
貸し出し依頼は、博物館等の公共機関のみに限ってお受けしています。
閲覧・貸し出しをご希望の場合は事前に以下まで連絡をお願いします。

株式会社乃村工藝社 情報資料室
TEL 06-6649-3331 FAX 06-6649-3335
<資料閲覧場所>
大阪市浪速区難波中2丁目10番70号 パークスタワー19階
株式会社乃村工藝社 大阪事業所

博覧会資料に関するお問い合わせ

公開している資料の年代は明治から平成に至る広範なものです。博覧会の主催団体の解散もあり著作権の確認が行えないものが大多数です。著作権の所有に関してご一報いただければ幸いです。

博覧会・博覧会資料検索に戻る
乃村工藝社グループ http://www.nomurakougei.co.jp