博覧会資料COLLECTION

87未来の東北博覧会

87未来の東北博覧会

管理コード:440
開催日程:1987年07月18日(昭和62年)~1987年09月28日(昭和62年)
開催地:宮城県
会場:仙台市港地区
主催:宮城県・仙台市・仙台商工会議所・河北新聞社
会場:2,968,723人内

この博覧会に関連する資料を見る
【資料件数:73件】

タイトルが示す通り、21世紀へ向かって望ましい未来像はどうあるべきかを考え、併せて地球の活性化・地域文化の向上などを目的とする一般的な地方博。会場の敷地は仙台港脇の広大な埋立地で、出展パビリオン33館、このうち16館が単独企業などの出展であった。会場での特徴として、夏の直射日光除けに会場をまわれるアーケードをつけ、観客に快適感を与えたことは特記される。テーマ館の東北未来館は、宇宙から見た地球をかたどったドーム型パビリオンで、会場正面に位置した。ロボットたちを主役に、中央に舞台を据え、右手にはマジックビジョンで宇宙基地を映し、左手にはストーリーに登場する東北各地を映し出す16mm映写の大型スクリーンを配す、舞台の仕事ロボットや情報ロボット、家事ロボット、医療ロボットが、映像とシンクロして物語りを展開する仕組みである。北極のグリーンランドから氷山を運び、人工のオーロラや虹を演出する地方博初公開のディスプレイもあり、放映中の大型大河ドラマ「独眼竜政宗」のセットを再現したパビリオンもあった。博覧会は目標を上回り誘発効果も投資額に対して約4.4倍となった。会場面積_180000平方メートル。乃村工藝社実績「東北未来館」「産業学術交流館」「ササニシキ館」展示設計施工のほか「交通館」「総合食品館」「住友館」「スーパーおもしろ館」「セゾン館」「日立グループ館」「NEC館」(社内資料より)

検索結果一覧へ戻る

博覧会検索

博覧会資料検索

資料の閲覧・貸し出しを受け付けています。(事前予約制/平日のみ)
貸し出し依頼は、博物館等の公共機関のみに限ってお受けしています。
閲覧・貸し出しをご希望の場合は事前に以下まで連絡をお願いします。

株式会社乃村工藝社 情報資料室
TEL 06-6649-3331 FAX 06-6649-3335
<資料閲覧場所>
大阪市浪速区難波中2丁目10番70号 パークスタワー19階
株式会社乃村工藝社 大阪事業所

博覧会資料に関するお問い合わせ

公開している資料の年代は明治から平成に至る広範なものです。博覧会の主催団体の解散もあり著作権の確認が行えないものが大多数です。著作権の所有に関してご一報いただければ幸いです。

博覧会・博覧会資料検索に戻る
乃村工藝社グループ http://www.nomurakougei.co.jp