博覧会資料COLLECTION

東京勧業博覧会

東京勧業博覧会

管理コード:1389
開催日程:1907年03月20日(明治40年)~1907年07月31日(明治40年)
開催地:東京都
会場:上野公園・不忍池畔
主催:東京府
会場:6,802,768人内

この博覧会に関連する資料を見る
【資料件数:109件】

政府は第6回内国勧業博覧会は明治40年に開催するとしていたが延期し、「日本大博覧会」として、実質的に万国博覧会を開く構想をもっていた。そこで第6回内国勧業博覧会は、それに代わって東京府が東京勧業博覧会として独自に開いて、万国博覧会の端緒をつくろうと、国の補助を一切受けず、東京府の負担と市民の寄付金によって開催をした。上野公園総面積約17万平方メートルに、公園を第1会場として、不忍池畔を第2会場に、帝室博物館の西を第3会場とした。第1会場に第1号館から第5号館と、美術館、人類館、園芸館などを建て、第2会場の不忍池畔に台湾館、朝鮮館、外国館、機械館、三菱館、ガス館など企業館と各府県の売店が並び、池畔にはウォーターシュートや水族館、世界館などが設けられ人気を呼んだ。このとき不忍池畔に初めて渡月橋が架設され、夜間はイルミネーションの灯が池に映り、文明の象徴とされた。第1会場にも21メートルの空中観覧車が登場し、不思議館、水晶館、自動活動写真館などの娯楽施設がつくられた。この博覧会は明治期の掉尾を飾るにふさわしく、諸外国の出品も多く、政府主催の内国勧業博覧会同様の規模と内容で、入場者も6.802.768人を集めた。[従来、この博覧会が観覧車の日本初登場とされていたが、明治39年大阪での戦勝記念博覧会が最初であることが確認された]

検索結果一覧へ戻る

博覧会検索

博覧会資料検索

資料の閲覧・貸し出しを受け付けています。(事前予約制/平日のみ)
貸し出し依頼は、博物館等の公共機関のみに限ってお受けしています。
閲覧・貸し出しをご希望の場合は事前に以下まで連絡をお願いします。

株式会社乃村工藝社 情報資料室
TEL 06-6649-3331 FAX 06-6649-3335
<資料閲覧場所>
大阪市浪速区難波中2丁目10番70号 パークスタワー19階
株式会社乃村工藝社 大阪事業所

博覧会資料に関するお問い合わせ

公開している資料の年代は明治から平成に至る広範なものです。博覧会の主催団体の解散もあり著作権の確認が行えないものが大多数です。著作権の所有に関してご一報いただければ幸いです。

博覧会・博覧会資料検索に戻る
乃村工藝社グループ http://www.nomurakougei.co.jp