博覧会資料COLLECTION

小樽海港博覧会

小樽海港博覧会

管理コード:1051
開催日程:1931年07月11日(昭和6年)~1931年08月20日(昭和6年)
開催地:北海道
会場:小樽海岸埋立地
主催:小樽市・小樽商工会議所
会場:474,814人内

この博覧会に関連する資料を見る
【資料件数:7件】

北洋第一の商港小樽は、港勢進展に伴い港湾修築工事が完成したのを機に、国民海事思想の普及と、産業貿易振興を図ることを目的として開設したが、隣市、札幌でも同時期に国産振興北海道博覧会を開くため、それと提携して第3会場とした。会場正面は海事思想を象徴する意味で船体を表現し、その上に高さ13メートルの高搭を付帯して、更に上部に7メートルの旗竿を立て、左右に回転させた。場内には海事海運館と巨大な第1・第2の産業貿易館が建てられた。それと並んでこの博覧会の目玉である水族館がつくられ、大衆的興味だけでなく海の縮図として、水族の生態の妙趣を如実に展開し、水の世界に対して科学知識を喚起させ、海を象徴するものと、この博覧会のシンボルパビリオンとした。ほか発明商品館、参考館などもつくられたが、ソビエト館、樺太館など外国からの参加もあった。また、観客の人気のあったものに世界一周旅行館や潜水館、それに演芸館があった。経済不況の時であったが、予期以上の入場者を得て、余剰金を生じる好成績であった。

検索結果一覧へ戻る

博覧会検索

博覧会資料検索

資料の閲覧・貸し出しを受け付けています。(事前予約制/平日のみ)
貸し出し依頼は、博物館等の公共機関のみに限ってお受けしています。
閲覧・貸し出しをご希望の場合は事前に以下まで連絡をお願いします。

株式会社乃村工藝社 情報資料室
TEL 06-6649-3331 FAX 06-6649-3335
<資料閲覧場所>
大阪市浪速区難波中2丁目10番70号 パークスタワー19階
株式会社乃村工藝社 大阪事業所

博覧会資料に関するお問い合わせ

公開している資料の年代は明治から平成に至る広範なものです。博覧会の主催団体の解散もあり著作権の確認が行えないものが大多数です。著作権の所有に関してご一報いただければ幸いです。

博覧会・博覧会資料検索に戻る
乃村工藝社グループ http://www.nomurakougei.co.jp