博覧会資料COLLECTION

奈良市制35周年記念観光産業博覧会

奈良市制35周年記念観光産業博覧会

管理コード:1018
開催日程:1933年03月20日(昭和8年)~1933年05月21日(昭和8年)
開催地:奈良県
会場:奈良公園・大軌東向駅周辺・京終
主催:奈良市観光協会
会場:353,807人内

この博覧会に関連する資料を見る
【資料件数:22件】

古都奈良は明治6年、東大寺真言院を会場に小規模な博覧会を開き、明治8年に博覧会社を設立、大仏殿とその回廊を利用して開催以来、明治26年まで常設として博覧会を開いた歴史を持っている。しかし、その後は全く博覧会は開かれていなかった。大正時代を経て昭和に入り、久方ぶりこの記念博を開いたのである。第1会場は大軌(現・近鉄)東向駅東北の笹鉾町会場に全国の物産を展示する産業本館のほか、国防館、機械館に混じって、台湾館、阿里山館、朝鮮館、満州館など殖民地のパビリオンが建てられた。楽しい施設として演芸館、海女館、発明館、子供の国などがつくられ、機械館の前には珍しく電気自動車遊技場がつくられ、小型自動車に試乗することができた。第2会場の奈良公園の登大路町会場には、各府県の名勝を紹介する観光館や地元の奈良特設館、金沢市特産館のほか、野外劇場などが設けられた。第3会場の京終駅周辺には、中国風の城門を模した日支事変館と野外演芸場がつくられた。この博覧会のもうひとつの特徴は、時局を反映して満州事変や上海事変の戦利品や、日支事変での戦利品とともに戦死した軍人の遺品を展示するなど、軍事を啓蒙する内容ももっていたことである。

検索結果一覧へ戻る

博覧会検索

博覧会資料検索

資料の閲覧・貸し出しを受け付けています。(事前予約制/平日のみ)
貸し出し依頼は、博物館等の公共機関のみに限ってお受けしています。
閲覧・貸し出しをご希望の場合は事前に以下まで連絡をお願いします。

株式会社乃村工藝社 情報資料室
TEL 06-6649-3331 FAX 06-6649-3335
<資料閲覧場所>
大阪市浪速区難波中2丁目10番70号 パークスタワー19階
株式会社乃村工藝社 大阪事業所

博覧会資料に関するお問い合わせ

公開している資料の年代は明治から平成に至る広範なものです。博覧会の主催団体の解散もあり著作権の確認が行えないものが大多数です。著作権の所有に関してご一報いただければ幸いです。

博覧会・博覧会資料検索に戻る
乃村工藝社グループ http://www.nomurakougei.co.jp