パワーリフティング 西崎哲男が49kg級 2連覇

2021.02.15

男子49kg級 136kgで優勝

東京2020パラリンピック競技大会まで約200日となった2021年1月30日。日本No.1を争う国内で最も重要かつ東京2020大会前では最後となる、日本国内でのパワーリフティング大会に、乃村工藝社所属 西崎哲男選手(男子 49kg級)が出場しました。

■ 49kg級2連覇、8大会連続優勝

西崎選手は第3セッションの4番目に登場。第1試技を132㎏でスタート。集中がうまくいかなかったのか、バーを胸の上で止め、再び持ち上げる際に左右のバランスを崩し不成功。第2試技はセオリー通り、第1試技と同じ132kgに再挑戦し成功。第3試技、京都大会の大会公式記録と同じ136kgを成功し49kg級2連覇、2013年から8大会連続優勝を成し遂げました。
その後、2大会連続の日本記録更新を目指し特別試技(第4試技)140㎏に挑戦。結果は成功とはなりませんでしたが「自分が思い描いていたものとは程遠い。もっと精度を上げていかなければいけない。次は140kgを決められるという手ごたえも得られたので、世界大会前に課題を見つけることができてよかった。」と試合を振り返りました。

西崎哲男コメント

「今回も応援をいただきありがとうございました。事前に家族・社内外の仲間がリモート応援してくれていると聞いていたので、皆さまからの応援を想像し、2試技目から冷静さを取り戻せました。今回の試合は反省するべきところが多かったですが、世界大会前に課題と解決策が見つかったことは良かったと思います。アスリートにとって勝利という結果はもちろん大事ですが、勝てる勝負だけでなく、失敗を恐れず挑戦することで学ぶことがあることを改めて実感しました。
第1試技を必ず成功させる、周りに惑わされない、応援を信じ、自分を信じる。どんな状況でも変わらず応援してくださり安心安全にトレーニング出来る環境に感謝しながら、日々のトレーニングの精度を上げ、後悔しないよう世界大会に挑みたいと思います。
次の試合でも、皆さんの応援を力に変え歓びと感動、笑顔を共有したいと思います。」

西崎哲男インタビュー|東京2020パラリンピック出場に向けた思い

試合結果

開催日:2021年1月30日(土)
場所:千代田区立スポーツセンター , 東京都
種目:パワーリフティング 男子49kg級
大会記録:136kg
順位:優勝

試合結果詳細

第1試技 132kg 不成功
第2試技 132kg 成功
第3試技 136kg 成功
特別試技* 140kg 不成功

*特別試技(第4試技)について:

新記録を狙う目的で特別試技(第4試技)が認められる。第4試技が成功し、新記録が樹立されてもその記録は順位に入らない。(第3試技までの記録で順位が争われる。)

いつもあたたかいご声援をありがとうございます。
乃村工藝社は、東京2020パラリンピックに向けてパラリンピック競技と日本選手を応援していきます。

今、共にたつ歓びを。

オリンピック、パラリンピックは届けてくれる。
それは同じ場所で同じ時間を
共に生きている事を確かめあう歓びを。
新しい東京、新しい日本、そして世界へ。
私たちは次の時代を舞台にして
たくさんの人びとと
共にたつ歓びを創っていく。

お問い合わせ

東京2020大会における乃村工藝社の取り組みや本ページ掲載内容に関するご質問、​
サービスに関するご相談は、下記よりお問い合わせください。​