学ぶ・体験する・感動する
「太陽ミュージアム No Charity, but a Chance!」

No Charity, but a Chance! 保護より機会を

東京1964パラリンピックの日本選手団団長をつとめるなど、日本パラリンピックの父と呼ばれた中村裕博士によって1965年に創設され「保護より機会を(No Charity, but a Chance!)」を理念に、障がい者の生活・仕事・スポーツを通し自立を支援している施設 太陽の家が、日本の障がい者福祉と太陽の家の歴史、そして1964年の東京パラリンピックのレガシーと障がい者スポーツの歴史を振り返りながら、身体・知的・精神・発達障がい者が夢と希望を持てるような場として設立した「太陽ミュージアム」。このミュージアムは「学ぶ」「体験する」「感動する」をコンセプトとし、資料やアーカイブの閲覧、障がい者の暮らしをサポートする道具や、障がい者スポーツの体験などができます。そして地域交流の場でもあり、これからの共生社会へ情報発信を続けていくための拠点でもあります。自分自身の可能性を見つけてもらい、だれもが自分らしく生きられる社会へ。本当の共生社会の実現に向けた活動の輪を別府から国内外へ広げていくことを目指しています。

未来志向のミュージアム

クライアントである太陽の家のご要望は”未来志向のミュージアム”にしたいということでした。これを受け、障がいと共に生きる人々の苦しさ、大変さを訴え同情を誘うような見せ方ではなく、中村裕博士や博士が出会った人々の熱意、太陽の家で輝いている人たちの様子を通じて、来館者が障がいの有無にかかわらず、夢や希望をもって未来にむけて一歩を踏み出したくなるような気持ちをもっていただけるようなミュージアムにしていきたいと考えました。
そして導き出された方針は「太陽の家」「太陽ミュージアム」という名が表すとおり、全体を陽だまりのような明るさと軽やかなデザインとすることでした。ミュージアムの前身にあたる旧資料室には、古い貴重な資料が大変多くありましたが、慎重に話し合いを重ね、伝えたいことを伝えるための要素を一緒に選定し、単なる過去の展示物の陳列とならないよう考慮しました。各ゾーンでは太陽の家の歴史だけでなく
“今”を表現する要素を追加しました。またコンセプトにあわせて空間用の楽曲もオリジナルで制作。来館者の気持ちを未来志向にすることに高い効果をもたらしています。

  • 太陽の家の取り組み-自助具、治工具の体験
  • 太陽の家 挑戦の歴史
  • 障がい者スポーツ/ユニバーサルスポーツ

For → With 共に生きるとは?

展示の最後には「For → With 共に生きるとは?」というテーマで太陽の家周辺を中心に大分県別府市で起きている共生の事例をプロットした地図を設けました。これは 乃村工藝社が打合せなどのためにたびたび太陽の家を訪れる中で得た「気づき」から生まれました。
”共に生きる”ことの真の意味とは?
来館者一人ひとりが共生社会について理解し、考えるきっかけになってほしいとの思いがこめられています。

アートワーク 「ミンナノタイヨウ」

ミュージアムのシンボルとして入口右手に設置したアートワーク「ミンナノタイヨウ」は、太陽の光と共生をイメージしています。さまざまな色で染色された竹ひごを4000本使用し、太陽の家の利用者の方々や職員、関連会社の社員など総勢400人が参加したワークショップで、参加者が自由に編み込んで制作しました。またミュージアムのロゴは、多様な形を組み合わせながらも調和を図り、共生のイメージを込めて制作しました。

事業主 社会福祉法人 太陽の家
所在地 大分県別府市
オープン 2020年7月4日
業務範囲 企画、デザイン・設計、サイン・グラフィックデザイン、設計管理、什器制作、コンテンツ設計・制作、制作・展示施工、制作・内装施工、保守・管理

*開館情報などは、太陽ミュージアム 公式HPよりご確認ください。

写真:ナカサアンドパートナーズ

プロジェクトメンバー

プロデュース 原山 麻子
営業 楠元 夢樹
プロジェクトマネジメント 齋藤 朝子
企画・展示プランニング・クリエイティブディレクション 山口 茜
企画・デザイン・設計 清水 茂美
プロダクトディレクション 中野 敬二
音響設計・保守管理 河野 渡

このプロジェクトでの気づき・経験・学びを活かし、山口茜が担当した「パラリンピックスポーツを楽しむ、スポーツ・ラウンジ: COLORS」記事もぜひご覧ください。

今、共にたつ歓びを。

オリンピック、パラリンピックは届けてくれる。
それは同じ場所で同じ時間を
共に生きている事を確かめあう歓びを。
新しい東京、新しい日本、そして世界へ。
私たちは次の時代を舞台にして
たくさんの人びとと
共にたつ歓びを創っていく。

お問い合わせ

東京2020大会における乃村工藝社の取り組みや本ページ掲載内容に関するご質問、​
サービスに関するご相談は、下記よりお問い合わせください。​