「PEACE ORIZURU」モニュメント

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

平和への想いをこめて

スポーツの持つ力で紛争の無い世界の実現を目指す活動である「オリンピック休戦(Olympic Truce)」の考え方を広めるための、東京2020オリンピック・パラリンピック独自のプロジェクト PEACE ORIZURU

「平和の祭典」であるオリンピック、パラリンピックへの理解を深め、東京2020オリンピック・パラリンピックを盛り上げるために、平和への想いであるPEACE ORIZURU を用いたモニュメントが、海外の玄関口である成田空港に設置されました。このモニュメントの企画・デザイン・設計・制作・展示施工を乃村工藝社が担当いたしました。

日本で古くから特別な舞台に使われ続けている檜を素材に「おもてなし」の舞台を設えました。想いを込めた5 色の折り紙によって作られた1560羽のPEACE ORIZURUが檜舞台で舞いながら、空港に降り立つ人々をお迎えします。

  • ©Tokyo 2020
  • ©Tokyo 2020
  • ©Tokyo 2020

モニュメント制作で使用したPEACE ORIZURUは、2019年12月に成田空港で開催されたクリスマスイベントの際に公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が出展した「PEACE ORIZURU」プロジェクトの特設ブースで、国内外の空港訪問客に向けて協力を呼びかけ、平和へのメッセージとともに折っていただいたたものを使用しました。1年の大会延期を経て、ご協力いただいた方々の平和への想いがモニュメントとなって展示されました。

事業主

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

所在地 千葉県成田市
展示期間 2021年7月15日(木)~9月5日(日)
業務範囲 企画・デザイン・設計・制作・展示施工

プロジェクトメンバー

プロジェクトマネジメント

軽部 大介(乃村工藝社)

企画 木村 麻樹(乃村工藝社)
営業 若木 朋也(ノムラデュオ)、秋山 大峰(ノムラデュオ)
デザイン 山田 祐照(ノムラデュオ)

今、共にたつ歓びを。

オリンピック、パラリンピックは届けてくれる。
それは同じ場所で同じ時間を
共に生きている事を確かめあう歓びを。
新しい東京、新しい日本、そして世界へ。
私たちは次の時代を舞台にして
たくさんの人びとと
共にたつ歓びを創っていく。

お問い合わせ

東京2020大会における乃村工藝社の取り組みや本ページ掲載内容に関するご質問、​
サービスに関するご相談は、下記よりお問い合わせください。​