内閣府「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言への賛同について
リリース

株式会社乃村工藝社代表取締役社長榎本修次は、2016年2月3日、内閣府が支援する「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言に賛同いたしましたので、お知らせいたします。

 

2014 年3月28日に首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、輝く女性・輝こうとする女性たちを応援する各界のリーダーたちによるムーブメントが拡 がっています。このような中、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業の男性リーダーによる「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言 が、同年6月27日に首相官邸で公表されました。現在、60名を超える団体の経営トップが、行動宣言に賛同しています。

 

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」行動宣言(内閣府男女共同参画局)

http://www.gender.go.jp/policy/sokushin/male_leaders.html

 

 

■株式会社乃村工藝社の女性活躍推進施策について

 

当 社は、2015年8月に設置した「ダイバーシティ推進室」が中心となり、社員一人ひとりの個性を活かし、さまざまな境遇や価値観を認め合い、多様な働き方 を実現する環境をつくり上げていくことで、企業価値の向上を目指しています。その一環として女性も活躍し続けてもらうためのサポートを積極的に行っていま す。

2015年度には、子育て中の女性社員により部署横断で編成されたプロジェクト「チームM」を立ち上げました。「チームM」は、すべて の子どもと子どもに関わる人々のより良い未来へ向けた「安心・安全・心地よい環境」を創造するために発足。仕事と育児との経験から見えてくる気づきを活か し、子どもと共に過ごす空間に、豊かな経験と対話が生まれる仕組みを持った空間と活動をデザインいたします。

 

「チームM」は、2015年第9回キッズデザイン賞 優秀賞「男女共同参画担当大臣賞」(主催:キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁)を受賞いたしました。

 

作品名】

ノムラのソーシャルマーケティングへの取組み<チームM>

【受賞理由】

子 育て中の女性社員が部署横断でチームを編成し、子連れで外出しやすい空間や理想的な保育施設の提案を行う社会有用性の高い取組みである。また、育児経験を 本業に生かすことで、社会における子育て環境の細かなニーズにも応えることに成功している。同社では育休後の高い復帰率を継続している。女性の活躍促進と いうテーマにふさわしいものとして高く評価した。

【関連サイト】

チームM http://www.nomurakougei.co.jp/team-m/

キッズデザイン賞(経済産業省) http://www.meti.go.jp/press/2015/08/20150803003/20150803003.html

※「チームМ」のМとは、MatherとMovementをかけあわせたものです。

 

当社は、女性をふくめすべての社員が働きやすく、能力を発揮し活躍できる環境づくりに取り組んでまいります。