ディスプレイ・デザインの歴史

お化け屋敷
納涼イベント
 興行としてのお化け屋敷の始まりは、天災や飢饉など社会不安が頻発した天保元年(1830)にさかのぼる。東大森に住んでいた瓢仙という医者が、自宅の庭に小屋をつくって、壁から天井まで一面に百鬼夜行の様を極彩色に描き、それに一ツ目小僧などの化け物細工の人形を飾り付けた。これが評判となって、「大森の化け物茶屋」といわれ、江戸からも多くの見物人が集まった。もっとも悪趣味に過ぎるとの理由で代官にとがめられ、3カ月ほどで撤去されてしまったという。

 その後、同9年、両国回向院で井ノ頭弁財天の開帳があり、境内でいろいろな見世物が興行された。その中に泉 目吉の人形細工「変死人形競(へんしにんくらべ)」があった。この見世物では、土左衛門や獄門のさらし首をはじめ、髪の毛で木の枝に吊るした女性の生首などがリアルに再現された。棺桶に入った亡霊がその破れ目から首を出したところに月の光が射したり、木に縛りつけられた裸男のノドに短刀が突き通され両眼をむき出したさまは、まさにシンに迫るものがあり人気を呼んだ。これが現在のお化け屋敷の原形である。

 明治時代の博覧会にお化け屋敷は余り登場しないが、大正の頃から、お化け屋敷を特設することが流行する。人形のおどろおどろしさに加え、光と音と匂いなど、すべてを動員して観客を驚かせ楽しませる趣向は、ユーモアとスリルのあるイベントとして人気を博し、季節外れの博覧会でも催されるほどであった。祭礼などに掛かる仮設のお化け屋敷は、もともとテキ屋の仕事であったが、やがて装飾業者も手掛けるようになる。

 大正3年、大阪・千日前の楽天地で「納涼博覧会」が開かれた。この時もお化け屋敷の興行が併催され人気を呼んだ。お化け屋敷は後に「お化け大会」ともいわれるようになって、納涼イベントとして定着、百貨店の催しとしても開かれた。

 昭和6年、両国国技館の「日本伝説お化け大会」は、日本伝説学会会長の藤沢衛彦氏の指導により、わが国伝来の妖怪の数々をドームいっぱいに見せた。

 戦後のお化け屋敷は、百貨店や遊園地の催事として登場する。しかし、戦前のリアルな表現は少しずつ姿を消す。昭和25年の松屋浅草店では科学的な視点に立つ「迷信を破る科学展」を、また昭和43年には京王百貨店でも「ゲゲゲの鬼太郎」の世界をユーモアに満ちた呼び物として開催している。
国防と教育博におけるお化け館(昭和9年・新潟)A

一勇斎国芳画による「百物語化物屋敷」の図(江戸時代)B

両国国技館「日本伝説お化け大会」(昭和6年)C

松屋浅草店「迷信を破る科学展」(昭和25年)D

京王百貨店「ゲゲゲの鬼太郎」(昭和43年)E

A 国防と教育博におけるお化け館(昭和9年・新潟)
B 一勇斎国芳画による「百物語化物屋敷」の図(江戸時代)
C 両国国技館「日本伝説お化け大会」(昭和6年)
D 松屋浅草店「迷信を破る科学展」(昭和25年)
E 京王百貨店「ゲゲゲの鬼太郎」(昭和43年)




Next