愛・地球博 瀬戸日本館

自然と人間のつながりのなかで生み出されてきた日本人の「知恵・技・こころ」。館展示スペース、1階、2階、4階は想像力を揺さぶり、日本人としての懐か しい記憶が呼び起こされる 感性を発見できる場所として芸術性豊かなさまざまな表現を用い、五感で体験できるよう構成されています。1階プロローグ・・・家屋をイメージした空間の中 で、暮らしの原風景が光、音響、映像により四方に表現され、日本の原点を再発見させる旅へといざないます。2階群読 叙事詩劇「一粒の種」・・・日本人が古くから持つわらべ歌や祭りのかけ声には自然と共に育んできた知恵の言葉が息づいています。中央ステージを囲むように 観客席が配置され、更にその周りを多数の演者が囲みます。その空間は、大勢の演者の動き・言葉・音・映像・照明が協和する劇的空間です。4階アートギャラ リー「光と風の庭」・・・2人の美術家がとらえた自然のかたち、自然とのありようを形にしたインスタレーション空間です。素材がもっている力を引き出し、 静と動、暗と明といった空間、時間の躍動感をつくり出しています。

 

担当箇所:制作・施工


オープン:
2005年
所在地:
愛知県
クライアント:
株式会社アサツー・ディー・ケイ様

愛・地球博 瀬戸日本館