CEATECジャパン2011 シャープブース

震災後の社会環境や消費者意識の変化を踏まえ、シャープが考える「エコ・ポジティブライフ」、「スマートライフ」コンセプトに基づく新たな商品・事業をアピールするため、ブース全体を『家』と見立てたデザインを実施。
ブースの顔になるメインステージには、50面マルチの大型液晶ディスプレイでソーラーカンパニーを大々的に打ち出しました。


オープン:
2011年
所在地:
東京都
クライアント:
シャープ株式会社様
業務内容:
調査、企画、空間デザイン、設計、制作・展示施工
受賞:
「日本空間デザイン賞2012」入選

CEATECジャパン2011 シャープブース