ARTBAY TOKYO

臨海副都心エリアを拠点とするアートによるまちづくりプロジェクト。5つのエリア、440haを超える広大なまちをアートによってつなぎ、魅力を高めていくことを目指しています。第一弾のプロジェクトとして建築家の萬代基介氏を招き、ARTBAYHOUSEというパビリオン建築を企画しました。「この場所にしかない“自然”を纏う建築」をコンセプトに作られたパビリオンは、光や風、雨、植物など刻一刻と変化する自然を纏いながら変化する建築そのものが体験型のアート作品であり、同時にさまざまなアートやまちづくりのプロジェクトの拠点となる空間です。内部にはカフェも併設され、ペットも連れて入ることができます。
人、植物、動物、虫などさまざまな“自然”がそれぞれに心地よく過ごせる空間はこれからの都市や空間の在り方を問うこれまでにない新しさを体感できる場となっています。


【社会課題/お客様の課題/ご要望】
一通りの都市機能がそろう臨海副都心エリアですが、建物や道一つひとつのスケールが大きく、特に外部空間で人が心地よく過ごせる場が不足していました。また海の景色や広い空など、都心にはない自然の魅力がたくさんあるにもかかわらず、その魅力を生かし切れていませんでした。


【解決策】
1.まちづくりの起点として人が集い心地よく過ごせるヒューマンスケールの場をつくること
2.思わず行ってみたくなる集客力と発信力のあるコンテンツであること
3.臨海副都心エリアらしい実験的なプログラムをおこなうこと
の3つを企画の軸とし、まちの課題に応えつつ、新しい価値を提示するこのエリアならではのアートプロジェクトの実現を目指しました。


<当社プロジェクトメンバー>
【営業・プロジェクトマネジメント】伊藤 悦朗、井部 玲子
【調査・企画】杉本 たく、横田 智子、望月 美那


オープン:
2020年
所在地:
東京都
クライアント:
アートプロジェクト実行委員会様
業務内容:
調査、企画、オフィシャルウェブサイトの制作・管理・更新業務

ARTBAY TOKYO