PARA HEROes展

「PARA HEROes展」は、4人の若手アーティストやクリエイターたちが「パラ卓球」を題材に競技や選手の魅力を表現することで、ダイバーシティ&インクルージョンの広がりを、日本そして世界へと発信するために企画された展覧会です。

乃村工藝社のスポーツ振興につながる支援活動への取り組みの一環として、また2019年10月に開催した「東京2020パラリンピック開催1年前記念イベント COLORS」のご縁もあり、企画・デザインを提供するという試みでの協賛が実現しました。
アーティストが「パラ卓球」に出合って何を感じ、作品に落とし込もうとしたときに何を思い、作り上げた作品を通して何を伝えたかったか。そこから見えてきたのは、固定観念や先入観なく、それぞれの感性を通して見えたものを表現する姿です。

来館者に対してもまた、アーティストたちの表現を通じて先入観から脱却し、パラスポーツへの共感を高めてほしい、素の心の状態で作品と向き合ってほしいと願い、“Uncoated”を空間コンセプトにデザインをしました。空間を構成する要素も素地を活かし、また、それぞれのアートにちなんだ素地の材料も織り込んでいます。
それぞれのアートの魅力が最も引き出されるように、見せ方にもこだわりました。

乃村工藝社グループが目指している、「環境視点での付加価値の提供」という指針に沿って、本展示でも全体の90%程度をそのままリユースできる仕組みでデザインしました。
使用木材については、フェアウッド応援宣言にのっとって選んでいます。


<当社プロジェクトメンバー>
【企画サポート・デザイン】 山口 茜、大西 亮


~関連リンク~
【リリース】

乃村工藝社がデザインワーク協賛『PARA HEROes展2』 好評開催中
乃村工藝社、社会に幸せなインパクトを生み出し 社会課題解決に貢献する「ソーシャルグッド」の全社活動をスタート

【お知らせ】
デザインワーク協賛をした「PARA HEROes展」開催中
 


オープン:
2021年
所在地:
東京都
クライアント:
一般社団法人 日本肢体不自由者卓球協会様
業務内容:
企画、デザイン・設計、サイン・グラフィックデザイン

PARA HEROes展