JR日南線・日南駅舎

~電車を待つだけじゃない、だれもが心地よく過ごせるコミュニティスペースとしての駅舎~

コミュニティを育む場づくりをコンセプトに、構想段階から地域住民とのワークショップ、アンケート調査を実施。ユーザーニーズを顕在化し設計に反映しています。
駅舎で過ごす時間に、書籍を通じてさまざまな文化に触れる機会を創出するため、本や絵本が閲覧できるコーナーも設置しました。
駅舎利用を通じて地域資源の魅力を伝えるために、地元特産「飫肥(おび)杉」を空間の各所に積極的に採用し利用者の体感を通じて飫肥杉の魅力に触れる空間づくりを企画プロデュースしました。


【お客様の課題/ご要望】
改装前は居場所がなく電車乗降のみの場であった日南駅舎を地域コミュニティを育み、「地域の魅力」を感じる場としたい、というご要望をいただきました。


【解決策】
駅舎利用を通じて地域資源の魅力を伝えるために、地元の設計事務所、株式会社良品計画と連携し、地元特産「飫肥杉」を空間の各所に積極的に採用し、利用者の体感を通じて飫肥杉の魅力に触れる機会創出に向けて、駅舎後方に広がる樹木林との調和を図りながら、駅舎ファサード・窓枠に木材を採用。併せて、遠方からも駅の存在が認識できるサイン計画を実践し、木材を基調に周辺環境と駅舎との調和・融合する空間づくりのプロデュースをおこないました。


【お客様の課題】
JR利用者以外の方も駅舎を訪れるようになり、地域の人が集える魅力的な空間として改修されました。
今後も駅舎を活用したイベントを実施するなど、地域コミュニティの場として活用していきたいと思います。


<当社プロジェクトメンバー>
【営業】 井部 玲子
【企画プロデュース・ワークショップデザイン・デザイン監修】 松本 麻里

 

~関連リンク~
【ニュースリリース】
乃村工藝社、官民連携による宮崎県日南市の地域活性化プロデュース第1弾 古民家再生施設がオープン
宮崎県日南市と乃村工藝社が「地域活性化に関する包括的連携協定」を締結
宮崎県日南市と乃村工藝社が 「地域おこし企業人交流プログラム」に調印
乃村工藝社がクリエイティブ・パートナーとして取り組む、地域共創のまちづくり

【メディア掲載情報】
2019.07.05 「建設通信新聞」
2020.04.01 「日南テレビ」
2020.04.07 「宮崎日日新聞」

【関連実績】
Plus D 日南支社
季楽 飫肥 合屋邸
DENKEN PJM


撮影:パークデザイン株式会社


オープン:
2020年
所在地:
宮崎県
クライアント:
宮崎県日南市様
業務内容:
調査、企画、コンサルティング、デザイン監修
受賞:
「第39回ディスプレイ産業賞(2020)」奨励賞(日本ディスプレイ業団体連合会賞)余暇・観光施設部門
「ウッドデザイン賞2020」ウッドデザイン賞(ソーシャルデザイン部門)

JR日南線・日南駅舎