G20大阪サミット2019(広報展示)エネルギーとイノベーション

世界各国から3万人の関係者やプレスが来阪したG20に併設された広報展示スペース。
海に浮かぶ未来の箱庭をモチーフにした浮遊感のある最先端技術展示エリア、屋台をイメージした食べ歩きのライブキッチン、復興からオリンピックまでの希望を表現した白く輝く文化エリア。
3つの異なるエリアをシームレスにつなぎ融合させ、日本の今をリラックスして楽しむプレゼンテーションの新しい体験スタイルをデザインしました。


【社会課題/お客様の課題/ご要望】
環境保全と成長の好循環を実現し、人にとっても地球にとっても豊かな、新しい時代を創造する、日本の革新的な技術とアイデアを表現してほしいとご要望をいただきました。


【解決策】
G20大阪サミットでは、「3R」+「Renewable 持続可能な資源」の考えに基づいたごみ削減の取組みを積極的におこなったほか、広報展示では海洋プラスチックごみ問題における最先端技術の展示と空間デザインを実現しました。
プラスチック資源循環に対する日本の技術や取組みを、「減らす」「替える」「繰り返し使う」「再生する」「回収する」「調べる」という段階に分けて展示構成。2050年には魚よりプラスチックごみの量が多い海になると懸念されているため、床面に美しい海を表現し、こうした海の姿を守っていく日本の姿勢を訴求しました。


<当社プロジェクトメンバー>
【営業・プロジェクトマネジメント】 早水 祐二、小川 泰央、石山 滋之
【デザイン・設計】花岡 豊、小林 敬之
【制作・施工】 木村 祐、三浦 洋一 、髙橋 有佳里 、植野 成規 、田畑 友香、東原 由季


オープン:
2019年
所在地:
大阪府
クライアント:
株式会社電通様、 株式会社電通ライブ様
業務内容:
デザイン・設計、設計監理、什器制作、制作・展示施工
受賞:
「日本空間デザイン賞 2020」ロングリスト

G20大阪サミット2019(広報展示)エネルギーとイノベーション