四国水族館

[水と生命の物語を巡る]  -水景とともに移り変わる/表現を愉しむオトナの水族館-

四方を海に囲まれ、多くの清流と無数のため池を抱えた四国の多様な水景、「四国水景」をテーマとした水族館です。目の前には、日本が世界に誇る美しい多島海、瀬戸内海が広がります。その美しい海に溶け込むようなプールに暮らすイルカたちを眺める豊かな時間。館内は“音・光・香り”と“時の流れ”を用いた環境演出が施され、「表現の変化を愉しむ」ことができます。
生きものと人が織りなす歴史と文化に触れ合い、来館者の五感を目覚めさせる、そんな水族館を目指しました。


【社会課題/お客様の課題/ご要望】
水族館を生物展示だけではない統合的な顧客満足の場にするための環境演出をおこなってほしいという課題がありました。
また四国水族館は、四国の玄関口です。そのような施設にふさわしい環境演出が必要でした。


【解決策】
来館者が「表現を愉しめる」環境演出をご提案しました。展示演出コンセプトを「水と生命の物語を巡る。」とし、新しい四国らしさをプロモーションするさまざまなコンテンツを作り出しました。

・ウェルカムブース
海の資源と向き合い続けた日本海水様が、四国水族館で四国の海の魅力をお伝えするウェルカムブースです。
四国水族館の目指すカタチと日本海水様の企業理念、それぞれを掛け合わせて導きだされるカタチを表現した設計をおこないました。
企業製品である人工海水を用いた水槽演出やソルトアートをイメージした映像演出によりブースを構成しています。


【お客様の声】
・ウェルカムブース
水族館の展示であると同時に当社のコーポレートブランディングを担う空間の演出をお願いしましたが、当社のメイン商材である塩と生物が調和した、格調高いブースとなりました。来場者の評価も高く、企業イメージ向上に大きく寄与していると感じています。


<当社プロジェクトメンバー>
【営業・プロジェクトマネジメント】 藤井 達也、髙井 照子
【デザイン・設計】 曽根 馨、稲野辺 翔、石田 雄一郎、高 祥姫
【制作・施工】 末崎 武 / ノムラテクノ株式会社:長尾 成生 / 株式会社ノムラプロダクツ:山崎 佳行


オープン:
2020年
所在地:
香川県
クライアント:
株式会社SMBC信託銀行様、株式会社日本海水様(ウェルカムブース)
業務内容:
デザイン・設計、サイン・グラフィックデザイン、設計監理、環境演出、環境演出装置設計・制作、コンテンツ設計・制作、制作・展示施工、CI計画、パンフレットデザイン(ウェルカムブース)
受賞:
「日本空間デザイン賞 2020」ショートリスト
「第54回日本サインデザイン賞」入選、および四国地区賞

四国水族館