AW MUSEUM

アイシン・エィ・ダブリュ様が日本初となる純国産AT、カーナビ開発へと挑戦した歴史、そして世界一へ登り詰めた先人たちの熱き情熱と技術を、若き社員たちへ、そしてステークホルダーへと伝承する施設です。

メイン空間では、欧米の模倣から始め、手探りで独自の技術を築くまでの苦難の姿を、当時の社員たちの目線に近づくような感覚で伝えるため、若者が好むMANGA表現+象徴的シーンの造形による6つのストーリーを展開しました。MANGAを読むような気軽さで感情移入を促し、先人たちの熱量をしっかりと感じ取れる展示としました。さらに当時の社員たちの息吹が残る40 年前の建屋を敢えて利用し、展示の舞台装置として部分的に残しながら機能させ、工場で実際に使用しているATパレットやグレーチング材を什器やステージとして展開することで、社員やお客様の間で「対話」のきっかけが生まれるよう演出しました。
旧会議室エリアは小部屋を繋ぎ、大きな細長い空間とし、空間全体を年表に見立て、製品技術の変遷を紹介。ステージ造作にはAWが世界へと製品を届けてきたATパレットを活用し、社員が親しみと共に誇りをも感じられるものにしました。この空間は、世界初・世界一をつくり続けているAW の技術力のスゴさを一目で、直感で感じられる巨大AW年表となっています。


<当社プロジェクトメンバー>
【クリエイティブディレクション】LHC:吉永 光秀 
【デザイン・設計】LHC:小阪 雄造、田中 悠史、村山 明宏
【造形】岸川 研一
【営業・プロジェクトマネジメント】藤岡 拓哉、丹下 由加里
【制作・施工】伊藤 駿


オープン:
2020年
所在地:
愛知県
クライアント:
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 様
業務内容:
調査、企画、デザイン・設計、制作・内装施工
受賞:
「Interior Design Best of Year Awards 2020」Small Museum/Art Gallery部門:Honorees

AW MUSEUM