Brillia品川南大井 コミュニケーションサロン oooi

“ひと”と“くらし”と“まち”とつながる「おーっい!」と声をかけられる地域の場。 地域住民とこれからマンションに住む新住民が顔見知りになれるようにマンション販売センターを地域に開放することをご提案。地域住民にとっては、これから建設される巨大な集合住宅への感情をポジティブに向かわせることができ、完成する前から未来の入所者の空気感にも触れることができる一方、購入検討者にとっても過ごしやすい場となるような場の創出を目指しました。

 

【お客様の課題/ご要望】

マンションの新住民と地域との早期融和は大きな課題となっています。その社会背景から販売センターにはそのような要請にふさわしい地域コミュニティの起点となる場が求められているのではと、本プロジェクトはスタートしました。

 

【解決策】

地域コミュニティの起点として販売センターが地域に「既に住んでいる人」と「これから住む人」とを呼応させ、 気軽に立ち寄り、交流していく「場所」として機能するように、「昔ながらの日本家屋」をベースに計画をおこないました。「土間」は外部空間と内部空間をつなげ、「居間」は、利用者が対話の出来る場所、「縁側」は、地域の人と気軽に声をかけあえることができる空間としました。これらのデザインにより地域のコミュティを可視化させ、暮らしのアップデートを提供することができました。

 

【お客様の声】

コンセプトメイク・企画・運営者の紹介・設計・施工と多くの場面でご協力いただき、御社のチームワークがあったからこそプロジェクトだと思います。本当にありがとうございました。

 

<当社プロジェクトメンバー>

【営業・プロジェクトマネジメント】渡部 慎平、宇津木 友里
【企画】 宮崎 翔子、杉本 たく
【デザイン・設計】大西 亮、越膳 博明、大本 健太
【制作・施工】若杉 宗司

 

撮影:株式会社ナカサアンドパートナーズ  河野政人


オープン:
2018年
所在地:
東京都
クライアント:
東京建物株式会社 様
業務内容:
企画、デザイン、デザイン監修、什器制作、制作・内装施工
受賞:
「第38回ディスプレイ産業賞2019」奨励賞 (日本ディスプレイ業団体連合会賞)
「グッドデザイン賞2019 」グッドデザイン・ベスト100

Brillia品川南大井 コミュニケーションサロン oooi