神田明神文化交流館「EDOCCO」

企画から開業まで弊社がサポートしたトータルプロジェクト。伝統と革新というコンセプトの元、神田明神文化交流館が生れた。地上4階・地下1階の建築であり、神社の神札授与所の機能を含めた、今までにない複合施設。多目的ホールを主軸に、平日は企業の発表会・展示会を行い、週末はライブハウスになる365日稼働の事業。また、伝統芸能・伝統工芸を守ることを主軸に据えた、日本文化体験は、インバウンドがターゲット。地域連携を図りながら、参拝客に喜ばれる物販・カフェサービスを導入し、参拝客の満足度を向上させた施設である。

【課題/テーマ】
二十年後の未来、少子高齢化のあおりを受け、寺社仏閣の4割が消滅する危機、また、神前結婚式の減少という2つの課題があり、今後の神社への崇敬者の増加を望む声から、このプロジェクトがスタートした。                                

【解決策】
神社にマーケティングの考え方を注入し、今まで神社に来ていない層(若者層・インバウンド層)を取り込む企画から、多目的ホールの機能と、日本文化体験スタジオという2つの機能が入った神田明神文化交流館が生れた。ビジネス層・若者層・インバウンド層の3つのターゲットが来社し、毎日賑わいを見せている。                    

<当社プロジェクトメンバー>
【プロデューサー】坂爪 研一
【営業】山口 誠二、稲見 剛、河田 素央
【プランニング】小林 慶太、渡部 淑子
【デザイン】大西 亮、奥山枝里、和順 菜々子、佐々井 歩
【制作】高原 重好、遠藤 淳、木村 博基    

~関連リンク~
【ニュースリリース】

神田明神文化交流館「EDOCCO」を乃村工藝社チーフプランナー 坂爪研一が総合プロデュース デザイナー 大西亮が内装設計を担当
『鈴木敏夫とジブリ展』開催のお知らせ 神田明神文化交流館「 EDOCCO」にて開催

【メディア掲載情報】
2019.04.09 「日経ESG」5月号
2019.02.19 「日経産業新聞」
2019.02.18 「日経産業新聞」
2019.02.06 「はたラボ」


オープン:
2018年
所在地:
東京都
クライアント:
宗教法人 神田神社
業務内容:
調査、企画、コンサルティング、空間デザイン、基本設計、実施設計、サイン・グラフィックデザイン、コンテンツ設計・制作、制作・展示施工、制作・内装施工、環境デザイン、デザイン監修、テナント内装設計、什器制作、環境演出装置設計・制作、PR業務

神田明神文化交流館「EDOCCO」