ヒルトン福岡シーホーク 客室・廊下改修工事

【プロジェクト説明文】
客室4フロア148室及び廊下22フロアの改修プロジェクト。
ヒルトン福岡シーホークは日本の都市景観100選に選ばれた「シーサイドももち地区」の象徴的なアイコンでもあり、『博多湾に漕ぎ出す大きな船』というコンセプトの建築形状になっています。
今回の改装においても、船の中にいるような居心地と船上から見る海の景色をモチーフに、古くから異国との交流を結びつけてきた博多湾の人と人のつながりから人々が交わる様を想像し、『交わり』から生まれる形や構成、『船室』を感じられる素材感、博多湾ならではの『白砂青松』の色彩によって世界の人々から末永く愛されるヒルトン福岡を目指してデザインしました。

【お客様の課題/ご要望】
ビジネス、レジャー、インバウンド、MICEなど様々なゲストを想定して、客室をフレキシブルに利用できるようにすることが課題でした。
長く続く廊下は、単調な印象を宿泊ゲストに与えないようなデザインが求められました。


【解決策】
客室のベッドヘッドボードに仕掛けを施し、中央に寄せることでゲストリクエストに合せて1つの客室をツインタイプ、ハリウッドツインタイプにアレンジできるようにしました。
廊下はカーペットのグラデーションラインの交わりで船の軌跡をあらわし、博多湾側を海、中央を砂浜、市街地側を松林と捉え、外の景色の色合いを内部に取り込みながら印象的なデザインにしました。


<当社プロジェクトメンバー>
【営業・プロジェクトマネジメント】吉森 将之 阿部 宣子
【デザイン・設計】青野 恵太 横山 尚明 渡辺 淳
【制作・施工】柄 孝行 金山 光明


オープン:
2018年
所在地:
福岡県
クライアント:
ヒルトン福岡シーホーク 様
業務内容:
空間デザイン、設計、設計監理、制作・内装施工、デザイン監修

ヒルトン福岡シーホーク 客室・廊下改修工事