季楽 飫肥 合屋邸

【プロジェクト説明文】
九州で⻑い歴史を持つ城下町、飫肥(おび)重要伝統的建造物群保存地区内における中級家⾂武家屋敷の⻑屋⾨を、地域の⾵
⼟を体験できる⼀棟貸しの⾼級宿泊施設にコンバージョンを⾏いました。


【コンセプト】
全体コンセプトを「ポストヘリテージ : 継承と次世代に紡ぐための変容」とし、紡ぐべきポイントと刷新すべきポイントを明確化することで、
⽂化を繋ぐ新たな在り⽅を試みています。施設の道具選定についても同⼀の観点で⾏っており、伝統技法のみにこだわらず、様々なア
プローチで⽇本を紡いでいるもので構成しています。


【デザイン】
内装デザインで⼤切にしていることは、「街の歴史や伝統を体験するためのハブ」として、開かれた使い⽅や様々なシーンを許容するプラ
ンニング、そしてこれまでの時間の流れに緩やかに溶け込んでいく、利⽤者の内⾯に語りかける空間の在り⽅です。通りに⾯する既存建
物の配置や、⼟間、おくどさんの設えなどを⽣かし、エントランスから⼟間、ダイニングが⼀体的に感じられるよう、⻄側をオープンな広間に
⼀新。既存の⼩屋組みをダイナミックに⾒せる空間構成としました。


<当社プロジェクトメンバー>
【開発・企画・家具装飾品プロデュース】 ⼭野 恭稔
【営業】 ⽩井 敏之
【デザイン】 數坂 幸⽣


オープン:
2017年
所在地:
宮崎県
クライアント:
Kiraku Japan合同会社 様
業務内容:
企画、空間デザイン、デザイン監修、家具装飾品プロデュース

季楽 飫肥 合屋邸