パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館

【プロジェクト説明文】
パナソニック株式会社様 創業100周年記念事業の一環として、創業100年目にあたる2018年3月7日に新築オープンした「松下幸之助歴史館」。松下幸之助・パナソニック創業者の経営観、人生観に触れることができ、その“心”を広く継承することを目的としました。

【お客様の課題/ご要望】
パナソニックの経営理念、創業者が残してきた数々の事績、言葉、心を如何にして同社社員に継承できるか、また一般の方を含む来館者に学びや気づきを提供できるかが課題でした。展示テーマとして設定した“道”を辿りながら、松下幸之助創業者94年の生涯を追体験できる空間構成とし、コンセプトは“松下幸之助に出逢える場所”としました。

【解決策】
まず、創業者が愛した「真々庵」をモチーフに、自由に散策しながら思索に集中できる空間としました。各展示要素は深度によりレイヤーを分けて表現し、来館者個々の興味対象に合わせた、情報を選び取ることができる構成としました。

<当社プロジェクトメンバー>
【営業・プロジェクトマネジメント】馬場 翔平
【企画】柳原 朋子
【デザイン・設計】波田 英昭、吉川 祥世、須賀 成人、水野 考基
【造形デザイン】岸川 研一
【制作・施工】小川 正翁


撮影:株式会社ナカサアンドパートナーズ


オープン:
2018年
所在地:
大阪府
クライアント:
パナソニック株式会社様
業務内容:
企画、サイン・グラフィックデザイン、制作・展示施工
受賞:
「日本空間デザイン賞2018」BEST50
「第37回ディスプレイ産業賞2018」入選

パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館