平城宮いざない館

【プロジェクト説明文】
「平城宮いざない館」は国営平城宮跡歴史公園に整備された朱雀門ひろば内に建つガイダンス施設です。奈良時代を今に感じる「特別な場所」である平城宮跡歴史公園の意義とすばらしさを伝え、往時の面影を残す公園や寺社へいざないます。

【お客様の課題/ご要望】
来館者を平城宮跡にいざなうため、「平城宮跡への興味を高め、現地での感動につなぐガイダンス展示」を目指しました。


【解決策】
現地では見えにくい平城宮跡の特別性”を空間化・体験化し印象づけることでフィールドへいざなうことを目指しました。
ゾーンは大きく3部構成。現在の公園を案内する「平城宮跡のいま」、往時の平城宮のいとなみを知り、体験する「平城宮のようす」、遺物より往時の平城宮・京を読み解く「時をこえて」。
ゾーンごとに切り口を変え、五感を通して特別性を印象づけることで、現地での感動につなぐ展示としました。
 

<当社プロジェクトメンバー>
【開発】 三輪晴也、橋爪和也
【営業・プロジェクトマネジメント】 三輪晴也
【企画】藤居重雄、末田ゆか、西村世津子
【デザイン・設計】赤嶺剛央、湯浅忠、築山知代
【サイン・グラフィック】井上禎人、長谷川聡子
【制作・施工】一万田隼人、山野吾朗、山岡遼平、井上禎人、山田克己、長谷川聡子、堀七重
【PR業務】赤嶺剛央、藤居重雄、井上禎人、長谷川聡子
【照査技術者】 橋爪和也


オープン:
2018年
所在地:
奈良県
クライアント:
国土交通省近畿地方整備局様
業務内容:
企画、コンサルティング、空間デザイン、設計、サイン・グラフィックデザイン、制作・展示施工、環境デザイン、什器制作、環境演出装置設計・制作、PR業務
受賞:
「日本空間デザイン賞2018」入選

平城宮いざない館