第36回全国豊かな海づくり大会

【プロジェクト説明文】
全国豊かな海づくり大会とは、水産資源の維持培養と海の環境保全に対する意識の高揚を図るとともに、水産業に対する認識を深めるための幅広い国民的行事として、毎年秋季に行われ全国持ちまわりの大会です。
天皇皇后両陛下の御臨席が慣例となっており、全国植樹祭・国民体育大会と並び「三大行幸啓」の一つに位置付けられています。

【開催概要】
「森と川から 海へとつなぐ 生命のリレー」を大会テーマに一般県民参加の関連行事もふくめて9月10日・11日の2日間、庄内浜全域で開催。
水産業の振興に功績のあった団体の表彰などの式典行事を酒田市希望ホールで開催し、稚魚の御放流をなど海上歓迎・放流行事を鼠ヶ関漁港で行うなど庄内浜の魅力を全国に発信しました。

【演出内容】
オープニングの県水産業紹介では、ジオパークに認定された多彩な庄内浜の海岸線をドローン空撮を用いてウミネコの視線で放映し、プロローグでは県の魚サクラマスを通して山形の豊かな森・川・海を継承する人々との交流を演出。両陛下御臨席の大会メッセージ披露には東日本大震災以降初の東北地方での開催となるため、先の熊本地震への復興・復旧への想いを込めた構成としました。

<当社プロジェクトメンバー>
【営業・プロジェクトマネジメント】井上 日出生・五十棲 高志・髙井 照子 
【制作】益田 亮吉・島田龍一 


オープン:
2016年
所在地:
山形県
クライアント:
第36回全国豊かな海づくり大会山形県実行委員会 様
業務内容:
基本設計、実施設計、サイン・グラフィックデザイン、コンテンツ設計・制作、制作・展示施工、環境演出装置設計・制作

第36回全国豊かな海づくり大会