ルミネ シンガポール(クラークキーセントラル)

【プロジェクト概要文】
株式会社ルミネ様による海外初出店店舗「LUMINE SINGAPORE」。
好奇心旺盛な働く女性をメインターゲットに、ルミネ独自の視点で[TOKYO STYLE・CULTURE・DESIGN]を発信するコンセプトストア。
ソリッドなマテリアルで構成されたミニマルな空間が、主役の商品アイテム一点一点を引き立てるギャラリーのような世界観をつくり上げています。
また、ルミネ初のカフェ業態となる“Lumine Cafe”を併設し、フォトジェニックでありながら美容や健康を意識したメニュ-と、女性らしさやセンスを感じさせるような空間を提供しています。

【お客様の課題】
ルミネ自主編集によるアパレルショップ及びカフェ運営。全てがルミネ初の試みの為、0からの店づくりをサポートさせて頂く事を最大の課題としてスタートしました。
285坪の異形の区画に、20ブランド以上のファッション展開とカフェエリア、サブリースエリアで構成しました。
様々なMDの魅力を引き立たせるゾーニングの棲み分けと動線計画、新しいルミネブランドを表現する空間デザインの個性と調和、そして「TOKYO」をテーマとしたシンガポールでは他にはないエッヂの効いた空間が求められました。推進面では、ルミネと現地ビルオーナーとの交渉調整、決定承認遅延が続くタイトな工程調整、制作発注の他国への工場制作・チェックなど、海外施工における課題が発生しました。

【解決策】
異形の区画を利用し、ゆるやかに各エリアに変化をつける事で広がりと動きのあるに空間にしました。
また、区画境界部には、木の庇を通す事であらゆる要素(MD)の詰まった店舗に一体感を与え、新しいルミネブランドの打ちだしを強調させました。
マテリアルは、素材感・本物志向を重視し、モルタル・木・テラゾなど中心に、ミニマルでエッヂの効いた空間をつくりあげました。プロジェクトを推進する中でVMD担当の外部デザイナーとのコラボを行い、アートの要素をプラス。センスやトレンドを感じさせる<東京らしさ>を表現しました。
推進面では、日本チームとの密な連携と乃村シンガポールの迅速な対応で、タイトな工程の中、無事OPENを迎えることができました。
 

<当社プロジェクトメンバー>
【開発】西幸彦
【営業・プロジェクトマネジメント】 渡部慎平 / 村形勝洋
【デザイン・設計】鈴木洋子、岡本千絵
【制作・施工】村形勝洋 / 吉田明弘 / Daniel Ma


オープン:
2017年
所在地:
海外
クライアント:
ルミネ シンガポール 様
業務内容:
調査、コンサルティング、デザイン・設計、設計管理、制作・内装施工

ルミネ シンガポール(クラークキーセントラル)