事業内容

文化・学術系施設の価値を高めたい

文化・学術プロジェクトで施設の新たな魅力を引き出す

文化的・学術的な展示を通じて社会に貢献する博物館・美術館・科学館。私たちは、まず展示テーマや展示コンテンツを正しく、楽しく、そしてわかりやすく伝えることを目指して進めます。そこには価値を広く伝えるためのノウハウが必要です。自治体などが直接運営してきた施設の企画・運営も代行するなど、長年、数多くの文化・学術施設づくりに携わることで施設の魅力をさらに向上させるためのノウハウを蓄積してきました。すでに全国各地の博物館・美術館・科学館で多数の実績をあげており、行政の効率化にも貢献しています。

利用者に「楽しかった」
「また来たい」と
思ってもらうために

博物館や美術館は、利用者の滞在時間が長いのが特徴です。そこで私たちは、訪れた人々に「楽しかった」「勉強になった」「また来たいな」と思ってもらうために、他の分野の施設と同様、利用者の視点に立ったプロジェクトの進め方を徹底し、施設の新たな魅力を創造します。
ここでは、最新の学術トピックスを子どもから年配の方まで幅広い来場者にわかりやすく、かつ効果的・魅力的に伝える工夫が求められます。新たな展示装置を特別に制作することも珍しくなく、私たちは数々の文化・学術施設で、「日本初」「世界初」といった画期的な展示を実現させています。また、納品後の展示装置のメンテナンスにも専門技術をもつスタッフが継続的に対応しています。 私たちは、あらゆる事業の繁栄をサポートするパートナーをめざしています。公共施設が中心となる文化・学術施設に対しても、この考え方は変わりません。

きめ細かい運営・管理代行で
施設の魅力を維持・向上させます

私たちは、新たな施設や展示物をつくりあげるだけでなく、既存のミュージアムの運営・管理代行を通じてその魅力を向上させる、「活性化」にも積極的に取り組んでいます。とくに近年は、自治体などが直接管理していた施設の運営を民間に委託することで行政を効率化する「指定管理者制度」が注目されており、この分野のわが国でのパイオニアともいえる私たち乃村工藝社にも多くのお問い合わせをいただくようになりました。私たちは、施設本来のコンセプトや施設が果たす役割や伝えるべき価値を重視しながら、同時に地域に密着した「まちづくり」の一環として施設の活性化を図っています。話題性に富んだ企画展の開催や展示テーマに関連したイベントの企画・運営だけでなく、ミュージアムショップやカフェ・ダイニングといった付帯施設を導入するなど、さまざまな角度から周辺住民の皆さまにも支持されるように施設の魅力を高めていくのがその特色。施設設置者(行政)・施設利用者(住民)・指定管理者(受託者)のそれぞれがメリットを享受できるトリプルウィンの関係を創出し、官民連携により新しい公共サービスのあり方を追求しています。
 「リピーターが多くなった」「遠方から観光で来る人も増え、周辺地域の経済も活性化した」「地域の象徴となり、住民の誇りにもなっている」……私たちとのパートナーシップが全国各地で文化・学術施設活性化の確かな手応えを生み出しています。

関連する実績

文化施設の実績

文化施設の実績実績紹介カテゴリへ移動します

パブリック・ワークスペースの実績

パブリック・ワークスペースの実績実績紹介カテゴリへ移動します
乃村工藝社グループ http://www.nomurakougei.co.jp