株主・投資家情報

IRポリシー

IRポリシー

項目 基本方針
【情報開示・発信の基準】 株式会社乃村工藝社は、経営情報の開示と透明性に努め、株主・投資家の皆さまへの公正かつ適時・的確な情報提供をおこない、信頼と共感を得られる企業を目指します。
【情報開示・発信の方法】 適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する「TDnetシステム」に公開するとともに東証内記者クラブ「兜倶楽部」を通じて公表をおこないます。その後、当社ホームページおよび発刊物等において、情報の掲載をおこないます。
開示規則に該当しない情報につきましても、株主・投資家の皆さまの理解促進に役立つ情報を公平かつ積極的に開示・発信していきます。
【沈黙期間】 当社は決算情報の漏洩防止のために決算期日から決算発表日までを沈黙期間とし、決算に関連する質問やコメントへの回答を差し控えることとしています。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表することにしています。
【コミュニケーションの強化・充実】 投資家説明会の開催や日々のIR活動における面談、お問合せへの回答を通じ、株主・投資家の皆さまとのコミュニケーションの強化・充実を図っています。株主・投資家の皆さまよりいただいた要望・意見や評価は、企業経営の参考とさせていただくことはもとより、IR発刊物やホームページの充実など今後のIR活動にも役立てていきます。
【将来の見通しに関して】 当社ホームページおよび掲載されているIR資料等には、将来に関する前提、見通し、計画に基づく予測が含まれている場合があります。社会・経済・競合状況の変動等に関わるリスクや不確定要因により実際の業績が記載の予想や見通しと異なる可能性があることをご承知おきください。
【当ホームページについて】 重要事実の法的開示および自主的開示情報は、公表後速やかに当社ホームページに掲載をするものとし、積極的に広く公開していきます。しかし、情報通信技術上の障害等により掲載時期が延滞することもあるため、当社ホームページにおける情報開示は、あくまでも補助的なものとしています。また、当社ホームページには、当社が開示・発信している全ての情報が掲載されていない場合や他の方法で開示された情報と異なった表現をしている場合もあります。これらを十分にご理解いただきご利用願います。
乃村工藝社グループ http://www.nomurakougei.co.jp