会社情報

沿革

沿革

1892年(明治25年)
創業
大正年間
創業者乃村泰資は、当時大衆の娯楽として人気のあった菊人形を、大規模な装置と仕掛けを使って演出
昭和年間
昭和に入ると、博覧会の展示、そして百貨店の催しを手がける
1942年(昭和17年)
株式会社に改組
1945年(昭和20年)
株式会社乃村工藝社に商号変更
1954年(昭和29年)
第1回全日本自動車ショー(現 東京モーターショー)を受注
1966年(昭和41年)
本社を東京都港区芝浦に移転
1970年(昭和45年)
日本万国博覧会(EXPO'70)において、テーマ館、政府館ほか主要パビリオンを受注
1971年(昭和46年)
札幌営業所開設(現 北海道支店)
1973年(昭和48年)
岡山営業所開設
1974年(昭和49年)
福岡営業所開設(現 九州支店)
1978年(昭和53年)
北日本事業部開設(現 東北支店)
1984年(昭和59年)
(株)技研工芸社(現(株)ノムラプロダクツ)の株式譲受により子会社とする
同上
新木場スタジオ新設(現 新木場オフィス)
1985年(昭和60年)
広島営業所開設(現 中四国支店)
同上
つくば科学万博(EXPO'85)にてテーマ館、アメリカ館ほか主要パビリオンを受注
1989年(平成元年)
(社)日本証券業協会に株式を店頭登録
1991年(平成3年)
東京証券取引所市場第二部に株式を上場
1992年(平成4年)
創業100周年
同上
(株)ノードを設立
1994年(平成6年)
(株)ノムラサービス(現 (株)シーズ・スリー)を設立
1995年(平成7年)
(株)文化環境研究所を設立
同上
ノムラテクノ(株)を設立
1996年(平成8年)
(株)ノムラデュオを設立
1998年(平成10年)
(株)ノムラデベロップメントを設立
2004年(平成16年)
乃村工藝建築装飾(北京)有限公司を設立
2005年(平成17年)
東京証券取引所市場第一部に株式を上場
同上
(株)乃村リテールアセットマネジメントを設立 (2014年(平成26年) 全株式を譲渡し非子会社化)
同上
2005年日本国際博覧会(EXPO2005:愛知万博)において政府館ほか主要パビリオンを受注
2006年(平成18年)
「プライバシーマーク」の認定を取得
同上
ISO14001の全社認証を取得
同上
(株)テスコを公開買付けでの株式取得により子会社とする(現・完全子会社)
2008年(平成20年)
本社を東京都港区台場に移転
同上
沖縄営業所開設
同上
ISO9001の全社認証を取得
同上
NOMURA DESIGN & ENGINEERING SINGAPORE PTE. LTD.を設立
2011年(平成23年)
(株)ノムラコムスと(株)ノムラ技研を合併し、(株)ノムラプロダクツを設立
2012年(平成24年)
創業120周年
2014年(平成26年)
(株)六耀社を株式取得により完全子会社化する
2015年(平成27年)
(株)六耀社と(株)文化環境研究所が、(株)六耀社を存続会社とする合併を行う
2016年(平成28年)
(株)スクエアを株式取得により完全子会社化する
同上
儂得空間設計咨詢(上海)有限公司を設立
乃村工藝社グループ http://www.nomurakougei.co.jp