会社情報

品質・安全・環境/社会活動

フェアウッド応援宣言

ノムラ木材調達ガイドライン

乃村工藝社グループでは、「乃村工藝社グループ品質・環境・安全方針」のなかで、品質確保、環境保全、安全衛生は企業に課せられた使命と認識し、これを事業活動の重要な柱のひとつとして捉え、継続的な改善をすすめていくことを掲げています。

一方、世界を取り巻く環境問題のひとつに、違法伐採による森林の減少が深刻な問題になっています。森林の減少は地球の温暖化、生物多様性の減少など、大きな環境問題を引き起こします。また、違法伐採された木材が流通することで、木材市場価格が引き下げられ、本来の持続可能な森林経営を圧迫することになります。森林を守るためには、※フェアウッド(合法性・持続可能性木材)を積極的に使っていくことが重要になります。私たちは、事業活動を通して、木材・木材製品を非常に多く使用しています。フェアウッドの調達は私たちの環境に対する社会的責任であると考えています。

「環境サスティナビリティ委員会」では、「ノムラグループ品質・環境・安全方針」に基づき、日々の業務活動において、全社員が環境の視点でお客様に付加価値を提供できることを目指して「NOMURA MANNER OF DESIGN」を作成し、その一環として、「ノムラ木材調達ガイドライン」を発表し、「フェアウッド応援宣言」を行います。

フェアウッド応援宣言 ノムラ木材調達ガイドライン

このような木材を積極的に使っています

  1. 1.

    国産材や地域産材(消費地との距離が近い地域の木材)

  2. 2.

    信頼のある森林認証(FSC・PEFC・SGECなど)を受けた木材

  3. 3.

    木廃材を原料とした木質建材(リサイクル材・リユース材)

このような木材を確認していきます。

  1. 1.

    絶滅が危惧されている樹種の木材

  2. 2.

    合法的に伐採・生産・取引されたかどうかが不明な木材

  3. 3.

    原産地や樹種の不明な木材

フェアウッド調達の概念

木材調達を「安全性が確認されたもの」、「安全性が未確認のもの」、「極めてリスクの高いもの」に分類します。木材を調達する際は、その合法性、持続可能性について確認し、「極めてリスクの高いもの」の排除につとめ、より良いものへ段階的に改善を図っていきます。

フェアウッド応援宣言に伴う活動

社員およびお取引先様に「ノムラ木材調達ガイドライン」の解説を行い、周知を図ります。
「極めてリスクの高いもの」、それらを代替できるものを調査し、公表していきます。
「安全性が確認された」木材の調達先を調査し、社員およびお取引先様が、フェアウッドを入手しやすいよう、サポート体制を作ります。

乃村工藝社グループ http://www.nomurakougei.co.jp