羽田空港JAL国際線ファーストクラスラウンジ

従来の3倍に拡大してリニューアルしたファーストクラスラウンジ。
ラウンジの一角、増床したエリアは隠れ家のような大人の空間をテーマとし て計画された。新たなアプローチでは和紙に雲母粉の柄をあしらった屏風を両サイドに設け、正面に挾土秀平氏の飛行機雲をテーマとした左官アートを配した。 エリアにより異なるコンセプトを持つこのラウンジが伝統を守りながらも革新を続けるJALの挑戦を体現していけるのではないかと考えている。


オープン:
2014年
所在地:
東京都
クライアント:
日本航空株式会社様
業務内容:
デザイン・設計
受賞:
「第34回ディスプレイ産業賞(2015)」優秀賞
「JCDデザインアワード2015」BEST 100
「日本空間デザイン賞2015」入選

羽田空港JAL国際線ファーストクラスラウンジ