安川電機みらい館

【プロジェクト概要文】

2015年、創立100周年を迎えた安川電機は、北九州市黒崎にある本社事業所を再編し、地域や社会に開かれたコミュニティ「ロボット村」をオープ ンしました。四季折々の自然を楽しむことができる「YASKAWAの森」は一般開放され、その中心に安川電機の事業、ものづくりの楽しさ・凄さ・緻密さ、 ロボットの最新技術などを、お客さま、学校・研究機関、地域の方々に興味を持って体験していただける「安川電機みらい館」が誕生しました。

そこで当社は、安川電機様の魅力をさらに引き出すこの施設の「空間づくり」と「コンテンツづくり」を担当させていただきました。訪れたすべてのゲス トの方々に安川電機の事業や技術を分かりやすく体験・体感していただくだけでなく、最先端のテクノロジーとエモーショナルな感性が響きあう驚きと発見に満 ちた空間の中で、世界に誇る日本の「ものづくり」とそれを牽引する安川電機の未来を肌で感じていただけるよう、メカトロニクスや映像コンテンツ、ライティ ングといった空間を彩るすべてのエレメントを一体化させてデザインしました。特に安川電機を代表する産業用ロボットのダイナミックな動きと協調する制御技 術を活かした「ロボティクス・サイネージ」や、業界最高の性能を発揮するモーターの3次元制御と最新のプロジェクションマッピング映像を組み合わせた「メ カトロニクス・ウォール」は観る者すべての五感を刺激する世界でも唯一無二の空間演出装置で、「ものづくり」の可能性や魅力を無限に広げるためのお手伝い をさせていただきました。

尚、本施設におきましては空間づくりと魅力づくりの基本構想からデザイン、設計、コンテンツ企画制作、施工とトータルな視点から施設づくりのお手伝いをさせていただきました。

<クレジット>
総合デザイン :田村啓宇、安藤陽介
企画プロデュース :荻野健司、梶村直美
コンテンツディレクション :鈴木健司、後藤映則、細谷宏昌
プロダクトディレクション :楠次郎、四ツ谷昌紀
撮影 :ナカサ&パートナーズ 河野政人
※プロジェクト当時


オープン:
2015年
所在地:
福岡県
クライアント:
株式会社 安川電機様
業務内容:
コンテンツ設計・制作, デザイン設計・監理, 基本構想, 施工
受賞:
「ロボティクス・サイネージ」開発プロジェクト:
「第49回日本サインデザイン賞」大賞
「第49回日本サインデザイン賞」地区賞

「メカトロニクス・ウォール」開発プロジェクト:
「第49回日本サインデザイン賞」最優秀賞

「日本空間デザイン賞2015」入選
「Asia Pacific Interior Design Awards 2015 (APIDA)」優秀賞

安川電機みらい館