唐津城

【プロジェクト概要文】
古くから大陸との窓口だった唐津。江戸時代、唐津藩は幕府の九州統治の重要拠点であり、また唐津くんちや唐津焼などの独自の文化が花開く歴史・文化都市でした。
唐津観光の始点である唐津城に期待されるのは、唐津の輝く歴史・文化の魅力を活かし、 まち歩きの循環装置の役割を果たすことだと捉えた弊社は、
展示、施設、運営を総合的に見直し、唐津城の魅力を最大限に引き出して地域を元気にする拠点として唐津市の「まち歩き」総合施設ガイダンス施設として再整備をめざしました。
弊社では基本計画、設計、施工を一貫してお手伝いさせていただきました。

【お客様の課題】
リニューアル前の唐津城の課題は三つありました。
一つ目は、老朽化した施設・時代遅れの展示、古くなった展示テーマの更新をクライアントが切望されていたこと。
二つ目は、唐津市では魅力ある資源が十分に活用されておらず、収蔵品、他の観光スポットと連携が必要であったこと。
三つ目は、安全上、文化財保護上の問題で、外光、ユニバーサルデザイン、地震、盗難などへの対応が求められていたこと。
これら三つの課題を解決することで、「自然と歴史と文化に包まれた本物が輝く観光文化交流都市」にふさわしい観光拠点をめざしました。

【解決策】
課題解決のために「唐津を楽しむ展示」の実現をめざし、城下町の歴史と歴代城主を中心とした展示ストーリー展開、肥前国産物図考・唐津焼を活かした魅力ある展示空間の具現化、
展示解説ARの導入などITの積極的な活用を実施しました。
次に「心地よい展示」の実現をめざし、ミュージアムショップなどおもてなし感のある空間づくり、館内動線の見直しと外国人観光客など見学弱者への配慮、トイレ、階段昇降機、多目的ルームの設置しました。
さらに「安心できる展示」の実現をめざし、観光情報コーナーなど観光唐津の導入施設としての機能の充実、周遊観光施設の情報発信による回遊性を訴求、事故・損失の危機管理を徹底しました。
以上、弊社は三つの解決策を打ち出しました。

<当社プロジェクトメンバー>
【開発】楠元 夢樹
【営業・プロジェクトマネジメント】藤井 達也・楠元 夢樹
【企画】神 剛司・岸田 匡平
【デザイン・設計】満長 正明・森田 理恵
【制作・施工】末嵜 武・山野 吾郎・堀 七重
【保守管理】山田 克己・中村 隆利


オープン:
2017年
所在地:
佐賀県
クライアント:
唐津市様
業務内容:
企画、設計、制作・展示施工

唐津城